怒髪天【長野闘気オレンピック2017】@長野 CLUB JUNK BOX

2017.12.9 2017年ラストの怒髪天ライブ。

音源を聴いたり、PVやライブ映像を見たり、日頃バンドの音楽に触れる手段は多々あるけれど、この日のライブに参加して思ったのは、やっぱり怒髪天はライブが一番だということ。同じ場所で同じ時間を過ごしてみてわかることがたくさんあって、その瞬間にしか起こらないことを体験しなくては人生もったいないなーと更に強く感じた夜だった。

オープニングは北風に吠えろ。1曲目は様子見なんてことは全くなく、早くもバンドと客の一体感が生まれていたように思う。軽やかで楽しげな曲にかなりヘビーな歌詞がのっている雑草挽歌はこの日のお気に入り。続くセイノワは、50+1本ツアーの時にいろいろと考えたことがあって、考えすぎて目の前のパフォーマンスを楽しむ余裕がなかったのだけど、今回は純粋に曲に入り込んで聴くことができた。

間に挟まれた天誅コアが素晴らしく良かった。アルバムの一曲目だし、50+1本ツアーでもオープニングで演奏されていたから、この曲は一曲目しかありえないと思いこんでいたのだが、全然そんなことはなかった。中盤はお酒の歌をいくつか。酒瀑はどこでやるんだろうかとぼんやりと考えながら、乾杯は続く。赤ら月もほっとした感じでいい雰囲気だった。

終盤に差し掛かりこの時期にぴったりの恋人たちのクリスマス。次回こそは歌詞を覚えて一緒に歌いたい。そして酒瀑。これを聴かなきゃ歌わなきゃ年を越せないと、誰もが思っているに違いない。最後はヨーソロー!

アンコールは… ダブルアンコールが…

ドリンクをもらって外で物販をのぞいてから(怒髪天磯五郎が並んでいたけれど、年初に買った磯五郎はまだ封を開けていないのである)セットリストの写真を撮っていたら、聞き覚えのある重低音が響いてくるではないか。

他のお客さんとともにフロアにダッシュすると、なんと美学!!!

怒髪天のたくさんの曲のなかで1,2を争う大好きな美学。年初(昨年末)の長野初日にも演奏してくれた美学。楽しく幸せな時を過ごせてありがとうと思っていたのに、このサプライズには嬉しくて半泣き状態で聴き入ってしまった。

振り返ってみれば2017年は怒髪天に始まり怒髪天で終わった1年だった。2018年はどんな年になるのだろうか。