コーヒーメーカーでネルドリップ

ここしばらくステンレスのフィルターでせっせせっせとコーヒーを淹れごくごくごくと飲んでました。

ステンレス・コーヒーフィルターを使ってみた

そしてもうひとつ憧れというかなんというかやってみたかったのがネルドリップ。私の父も無類のコーヒー好きで、家族旅行の折はホテルの朝食を食べた後ひとりだけラウンジでコーヒーを注文して新聞を読み、しばらくすると部屋に上がってくるというのがお決まりのパターン。パパだけずるい! といつも思ってました。「自分も欲しい」と言えばいいのにと今は思いますが、なんとなくそれは大人のすることのように思えて遠慮したほうがいいのかな、などと自分なりに気を使ってたような気もします。果たして気を使ってた意味はあったのかなかったのか。

そんな父ですが家ではサイフォンでコーヒーを淹れてくれました。サイフォンのフィルターはネルを使っていて、いつも冷蔵庫にフィルターが入っていたのを覚えています。ネルフィルターは何となく扱いが難しい・煩わしいイメージがありますが、実際使ってみると全然どうってことはないので手に入れる機会があればトライしてみると良いです。

ネルフィルターってこんなの

2016062001

 

これは近所のコーヒーショップで購入したもの。布の部分がたしか200円ほどで、ステンレスの枠が50円位だったかな。そんなに高いものではないです。

使い方はペーパーやステンレスフィルターと全く同じ。豆の量も挽き加減も同じで大丈夫。そこにこだわりたい人はいくらでもこだわってください。

どんな味がする?

ステンレスに比べるとまるくてやさしい味がするので普段使いにはこちらの方が私は好きです。深煎りの苦ーい豆のとげとげしさが幾分減る感じ。ガツンといきたいときはステンレスの方がいいかなーと思います。

そして微粉が出ないのでしばらくステンレスフィルターに慣れてると微粉のないコーヒーが新鮮です。この辺は気分や好みですね。

コーヒーメーカーにセットする

趣味や嗜好品としてでなく日常の気軽な飲み物としてコーヒーを淹れるときは『手軽さ』はかなり優先度が高いです。というわけで私はコーヒーメーカーを使いたい。

フィルターの中心がコーヒーメーカーのお湯が出てくる真下にくるように、そして枠をコーヒーメーカの縁にかけてなるべく水平になるようにセットします。

2016062003

 

ふたを閉めるとこのとおり。若干隙間がありますが抽出には問題ありません。

2016062004

 

お手入れ的なこと

新品を買ってきたらまずお鍋で15分ほど煮沸します。コーヒーの粉を少し入れて煮沸すると全体にうっすら色がついていい感じ。ステンレス枠のものは枠ごと煮沸して大丈夫。お湯から出して冷まし水気をぎゅっと絞って使います。

使い終わった後はコーヒーの粉を捨てたらお水で洗います。洗剤は使わない。毎日使うなら大き目のタッパーに入れ水につけて冷蔵庫で保管します。水は毎日交換します。ネルは乾燥がNGなんだそうです。

たまにしか使わないなら洗い終わって水気を絞ったらビニール袋に入れて冷凍庫で保管します。使う時は流水解凍で。お水ですぐ溶けますが冬場はお湯で少し温めたほうがいいです。

2016062005

 

フィルターの匂いをかいでコーヒー以外の匂いがしたらネルを新しいものに交換しましょうね。使用頻度や管理状態によってだいたい数か月~半年くらいです。

ではでは、楽しいコーヒーライフを!

 

大宮でコーヒー豆を買う

大盆栽まつりのついでに大好きなコーヒー豆屋さんに寄りました。

常盤珈琲焙煎所

2016051706

常盤珈琲焙煎所

注文すると15分ほどで焙煎してくれます。店内で待っていてもいいし注文しておいて後で受け取ることも可能。待ってる間のコーヒーサービスはマグカップにたっぷりいただけます。ドリンクのみの利用もできますよー(店内 or テイクアウト)。

今回はチョコレート風味の豆とアイスコーヒー用ドリップパックを購入。これがまたおいしくて。

場所は大宮駅西口アルシェ裏の通り。マルイからすぐ。

サザコーヒー

大宮駅そばのコーヒー屋さんといえば駅ナカエキュートのこちらも。

ここでは豆を買うよりも乗換の合間にさくっと店内で飲むことが多いです。いつもざわざわしている場所だけれどカウンターチェアに座ってしまえばすっかり落ち着いた気分に。

2016051730

 

おまけ

久しぶりに『あさま』を見かけたらあのブルーと赤の車体ではなく『かがやき』や『はくたか』と同じカラーリングになっていたのでパチリ。

2016051703

この日はトラブルで新幹線の電光掲示板が長野駅も大宮駅も終日消えたまま。自分が乗る列車の時刻を覚えていないとどこから乗っていいかわからず、ちょっとしたサバイバルな感じ。でもどの駅でもそんなに混乱はなかったようです。

 

甲斐善光寺へ

山梨県甲府市にある甲斐善光寺[甲州善光寺・甲府善光寺]へ行きました。

山がすぐそばに迫っています。景色が美しくとても居心地のよいところ。

 

覚え書き

  • 本堂は朱色。ん? 長野の善光寺は木の色ですね。各地の善光寺がみな同じ色というわけではないようです。
  • 訪れる人は多すぎず少なすぎず、落ち着いて鑑賞できました。
  • お線香の自動販売機にびっくり。初めて見た。
  • 境内にある売店で『信玄アイス』が食べられます。ここのはソフトクリームにきなこと黒蜜がかかっていてお餅はなし。かなりおいしかった。
  • 駐車場は山門の前を道なりに進むとすぐ右手にあります。

 

 

フールプルーフと絶対に失敗しないフレンチドレッシング

日本語でフールプルーフという言葉は機械やシステムの設計をするときによく使われます。設計思想というとわかりやすいかもしれません。一方、英語圏でのフールプルーフはもっと幅広い分野で使われる言葉のようです。

フールプルーフ[foolploof]とは

機器やシステムの設計をするとき

  • 『人間はミスをする』という考え方を前提とする
  • 仕組みや操作方法をよく知らなくても安全に使うことができる

といった考え方に基づいて設計を行うことがフールプルーフです。

洗濯機で考えてみよう

問題

洗濯機のふたをしっかり閉めないまま脱水が始まると水が飛び散って大変なことになりそうだし洗濯物がどこかへ飛んでいってしまうかもしれない。

解決策1

脱水するときはふたがきちんと閉まっているかを確認しよう。

解決策2

洗濯機自身がふたが閉まっているかを判断し閉まっていなければブザーを鳴らし動作をストップする。

解決策1は使う人間の側に対策を求めたものです。

解決策2のように、人間の誤操作[ふたをしっかり閉めなかった]や人間の理解不足[ふたを閉めないと脱水できないことを知らない]を見越してあらかじめ機械の側で対策しておく[ふたが開いていれば動作を停止する]ことがフールプルーフです。

私が知る限り、現在販売されている洗濯機にはふたが閉まっていないときはエラーのブザーを鳴らして人にお知らせする機能がついています。

最近の車はブレーキやクラッチを踏んでないとエンジンがかからないのも、かかった瞬間に急発進しないためのフールプルーフですね。フールプルーフのおかげで私たちは日々安心して暮らせているともいえます。

ところで、こういった設計に携わっている人でなければ日常この言葉を耳にする機会はほとんどありません。私も情報処理技術者試験の問題でお目にかかるくらい。

英語圏でのフールプルーフ

英語圏では「絶対に失敗しない」といった意味で一般的に使われているようです。外国の料理本にはよく『foolproof ○○』という料理名が出てきます。なんとなくわかるような気がしません?

foolproof vinaigrette – 絶対に失敗しないフレンチドレッシング

手作りフレンチドレッシングの失敗といえば酸っぱすぎたり油っぽいといった味の問題と、酢と油が分離してしまうという材料の性質上の問題が考えられます。

解決策

  • 酢と油をつなぐための乳化剤として少量のマヨネーズとマスタードを用いる
  • マヨネーズとマスタードは酸味をマイルドにしてくれる ← よりおいしい

マヨネーズに入っている卵黄は酢と油をつなぐ乳化剤の働きをしています。そうして作られたマヨネーズを使うわけですね。試してみると予想どおり市販のドレッシングのようにとろみのついたドレッシングができあがりました。写真は一日たったもの。分離してません!

20160413

基本レシピ

  • 酢 大さじ1
  • オイル 大さじ3
  • マヨネーズとマスタード 各小さじ1/3~1/2
  • 塩、こしょう、ハーブなど

基本のドレッシングは酢とオイルが1:3。そこにマヨネーズとマスタードをそれぞれ0.2くらい加えます。あまり少ないと乳化剤としての役割を果たせないので味との兼ね合いで調節してくださいね。

オイル以外のものを先にビンに入れてよく振ります。そしてオイルを何回かに分けて加えて振るとさらにフールプルーフ、絶対に失敗しないドレッシングの完成です。

日本語の『フールプルーフ』の使われ方から想像すると「料理名にフールプルーフ!?」とびっくりします。でも料理やお菓子作りって実のところ化学なんですね。特にお菓子作りは化学実験のようなものなので、そう考えれば別に変じゃないかもと思った次第です。

ステンレス・コーヒーフィルターを使ってみた

前から気になっていたステンレスのコーヒーフィルター。店頭で見かけたのでさっそく連れて帰り、いそいそとレポします。

ペーパーフィルターを切らしてしばらくネルドリップで淹れていたのですが、心に余裕があるときでないと動作が適当になっててネルドリップの意味がないなーと思ってしまったのです。ネルを解凍しなくちゃいけないし。

KINTO SLOW COFFEE STYLE  ステンレスフィルター

2016040100

コーヒーサーバーとのセット↓するか迷ったのですが結局フィルター単品を購入しました。魔法びんタイプのポットを持っていて保温性があるところが気に入っているので。これは4Cup用です。

☆サーバーの形がかわいいセット

これをドリッパーにのせてドリップするつもりでいたら

2016040105

斜めってます。KONOやハリオのV60ならすっぽり安定しますね。

ひっくり返してとんがり部分を観察すると

2016040106

頂点の部分はふさがっているのでここからコーヒーは出てきません。なので頂点がドリッパーに触れていても問題はなさそう。

でもこれが欲しい。かわいい。

うれしい誤算

2016040102

コーヒーメーカーには無理だろうと思っていたら

(右に写ってる盆栽の向きがおかしいのが気になる)

2016040103

すっぽり。

2016040104

微妙に蓋が開いてますが問題なくお湯は注げました。コーヒーメーカーでも使えるなんて。良い買い物でした。

☆すべてのコーヒーメーカーで使えるかどうかはわかりません。あしからず。

お味の方は

力強さとやさしさがちょうどよく出てると思います。コーヒープレスとペーパーフィルターの中間といえば伝わるでしょうか。コーヒープレスは良くも悪くも豆の味もオイルも全部出てワイルドだと思うのですが、ステンレスフィルターにはそこまでのワイルドさはなく、でもペーパーよりははっきりした風味を感じます。

カップの底の微粉が気になる人は

コーヒープレスよりは全然少ないです。金属フィルターというとゴールドフィルターがポピュラーですがゴールドフィルターよりも少ないように思います。豆の挽き方にもよりますね。微粉は許し難い、という方には向いてないです。少ないけどゼロではないので。

気分でフィルターを使い分けよう

気軽にコーヒーメーカーorハンドドリップで淹れるときはこのステンレスフィルター。おいしいお菓子と一緒に楽しむときはネルドリップで。1日に何杯も飲むのでその時の気分で使い分けよう。

☆スローコーヒースタイル ステンレスフィルター 4Cup

SLOW COFFEE STYLE ブランドサイト

スローなコーヒーを楽しむために

  • ジブンのために心を込めてドリップすること。
  • 心に余裕がある時には、愛する人のぶんもドリップすること。
  • 都合のいいことばかり考えながら飲むこと。

… and more(添付のリーフレットより)