読書メモ【フランス人は10着しか服を持たない2】

フランス人は10着しか服を持たない2

フランス人は10着しか服を持たない2

シックってどういうこと?

だからもちろん、あなたもシックになれる。情熱的で豊かな、柴らしい人生を送ることができるのだ。身だしなみも美しく、心おだやかに、1日を過ごせるようになる。すべて思いどおりにはならなくても、暮らしのなかに喜びを見出せるようになる。

留学中のパリで滞在したマダムの家でカルチャーショックを受けた様子を綴った前作は、日本でもベストセラーになりました。

パリからアメリカに戻り家庭を持った筆者は、次々と押し寄せてくる現実のあれやこれやにただ流されるだけの日々を送ります。

ところが、カリフォルニアへ戻った私の生活ときたら、素敵どころか、ひどいていたらくだった。あのころもし、マダムがわが家の寝室や、リビングや、車のバックシートのありさまを見たら、いったい何と言われたことか…。

「パリのマダムならこんなときどうするのか?」生活を見直して奮闘する様子を描いたのが『フランス人は10着しか服を持たない2』です。

時間を区切って片付ける

毎日無理なく続けられるように、時間を区切って片づけよう。そうすれば、片付けもだんだん楽しくなってくる。1日15分でもいいし、1時間もできたらすごいこと。
時間を区切って片づけるのが苦手なら、片づける場所を決めて、1日に1ヵ所ずつ片付けるのもいい。片付ける習慣が身についてくると、散らかっている場所がやたらと目につくようになる。

時間を区切って集中的に作業を行うメリットは、片付けだけでなく他のことにも当てはまると思います。「今日は8時間かけてこの作業をしよう」と決めてスタートするよりも、時間と作業内容を細かく区切って考えたほうが効率が良いですね。

目標は小さい方が全体の進み具合がわかりやすかったり、集中力やモチベーションが続きやすかったりしますね。私の場合は[およそ1時間ごとの目標を設定して作業し休憩する]、これを作業のボリュームに合わせて繰り返します。

作業というと仕事のことを思い浮かべがちですが、例えば長時間続けると疲れすぎて1日が終わってしまう草取りなどにもこのパターンは使えます。「今日は草取りの日」などと事を大きく考えすぎるとなかなか手を付けられませんが、「1時間だけ」と思えばわりといつでも気軽に始められます。

食事のこと、ファッションのこと

前作に比べると生活全般のヒントが多く、タイトルから期待される内容とはちょっと違うような気がします。「手間をかけずにおいしい食事のヒント」や、前作のおさらい「少ない服でシックに装う」についてたくさんページが割かれています。食事に関しては好みもあるでしょうし、著者がおすすめするファッションを「シンプルで真似したい!」と思うか、「けっこうたくさん服があるのね」と思うかは人それぞれでしょう。

まとめ

「シックな生活術」という視点でとらえるなら、食事に関しても、片付けに関しても、すでにその種の本を読んでいるならそれほど新しいトピックは見つからないかもしれません。

何かを得ようと読むのではなく、「あの本を書いた人は今どうしているのかな?」と、知人の近況報告を眺めるような、そんなスタンスで読むと楽しめるのではないでしょうか。内容とは関係ないですが、私はこの装丁が結構好きです。タイトルのフォントやイラストがかわいいし、きれいなグリーンもあまり見かけない感じなので。

平均値のチョコレートチップクッキー:実践編

さっそくチョコチップクッキーを試作しました。

材料はややこしいし手順も普通とは違うチョコチップクッキーのレシピを紹介します。後半の解説も長いです。このレシピにまつわるお話はこちらをどうぞ。
平均値のチョコレートチップクッキー

2016071001

2016071003

材料と手順

直径11cmの大きなクッキーが9枚できます。

小麦粉 95g
塩 1.5g 小さじ1/4
重曹 1.4g 小さじ1/2

室温で柔らかくした無塩バター 34g
冷たい無塩バター 12g
溶かした無塩バター 23g
きび砂糖 84g
グラニュー糖 42g

とき卵 21g
バニラエクストラクト 3g
水 1g 小さじ1/5
牛乳 1.5g 小さじ1/3
チョコチップ 100g

  1. オーブンを180度に温める。
  2. 小麦粉、塩、重曹をボウルに入れて泡だて器でよく混ぜる。
  3. 別のボウルに室温で柔らかくしたバターと砂糖とグラニュー糖を入れて泡だて器で混ぜる。溶き卵、溶かしたバターを加えてひと混ぜ。そこに冷たいままのバター、バニラエクストラクト、水、牛乳を加えてよく混ぜる。
  4. バターのボウルに粉類を加えゴムべらで混ぜる。半分ほど粉が混ざったらチョコレートチップを加えて均一になるまで混ぜる。柔らかめの生地。
  5. 天板の半分にクッキングシートを敷き、生地を9等分(1個約48g)して天板に並べる。生地は平らにしなくてよい。隣のクッキーとの間を10cm以上開けること。いくつかのクッキーはシートに、残りは直接天板にのせる。
  6. 13分焼く。シート上のクッキーはすぐにシートごと網に移して冷ます。天板に直接のせたものは粗熱が取れるまでそのまま置いておく。

クッキングシートの部分は意味が分かりませんよね。提供されたレシピの中にはクッキングシートにのせるものと直接天板にのせるものがあり、『平均値』というコンセプトに従って中間の意味で両方のやり方を採用したものと思われます。

アレンジしたこと

色の薄いブラウンシュガーと色の濃いブラウンシュガー

元レシピでは色の薄いブラウンシュガー:66g と 色の濃いブラウンシュガー 8g なのですが、今回は全量色の薄いブラウンシュガー(きび砂糖で代用)を使いました。色の濃いブラウンシュガーを入れるときは粉末黒砂糖で代用します。

溶き卵

元レシピでは全卵:18g と 卵黄:3g なのですが、卵黄1個の重さが一定でないことから3g程度は誤差の範囲と考えて全卵21gを使いました。

3種類のバター

手順については本に記載がないため混ぜる手順については若干考え込みました。一般的に常温バターを使う時は最初にバターと砂糖を混ぜ、それから卵の順番。冷たいままのバターを使う時は粉に切り混ぜる(スコーンやパイ生地のように)パターンですね。溶かしバターのレシピでは常温バターと同じく先に卵や砂糖と混ぜることがほとんどです。

今回は粉に冷たいバターを混ぜる作業が面倒なので上記の手順で作業しました。溶かしバターを入れて温度が上がったところに冷たいバターを加えているので結局全量常温バターを使うのと同じことのような気がします。

それから、溶かしバターはその時々によって温度がまちまちなので、『○度の溶かしバター』というように決めておかないと生地の固さや焼き時間が毎回違ってしまいます。溶かしバター、実は取り扱い注意材料なのかもしれません。

それでどんなクッキーができたのか

味について

いかにもアメリカーン!なわくわくするクッキーが焼き上がりました。chewy - 冷めてもやわらかいソフトタイプです。スタバやタリーズで売っている大きなクッキーが好きならこのクッキーもきっとお気に入りになることでしょう。おいしいです。

生地の部分はキャラメルを薄く伸ばして焼いたような味と食感。粉の存在感はほとんどなく、ある種のクッキーやビスケットを食べるときの口中の水分を奪われるあの感じは全然ありません。また、上にはほとんど膨らまず重曹の働きでひたすら横に広がっていきました。

チョコチップの量

チョコチップの量はまあこれぐらいでOKでしょう。他の材料に対して重量でおよそ35%のチョコチップです。スーパーで手に入る小粒の製菓用チョコチップを使いましたが、若干溶けてしまいました。焼きすぎたかもしれません。

クッキングシートの有無

焼き上がりに差はありませんでした。後片付けのことを考えると、クッキングシートを使う方が簡単ですね。

天板にのせたまま冷ます? すぐに網に移す?

クッキングシートで焼いたものを比較してみたところ、差はありませんでした。直接天板にのせて焼いたものは、焼き上がってすぐは柔らかすぎて移動できませんから、天板にのせたまま冷ますことになります。

このレシピをさらにアレンジするとしたら

もう少し粉の存在感を出したいのと、高さ(厚み)を出したいです。経験上バターと砂糖の量を控え、卵の量を増やせばよさそうなことは予想できますが、それぞれの材料の『味以外の働き』がわかれば分量が決まりそうです。

ここまで読んでくださった方にはもう伝わっていると思いますが、お菓子作りというより実験をしているような楽しい作業でした。平均値のチョコレートクッキー(改)が完成したあかつきにはお知らせします。それではまた。

 

平均値のチョコレートチップクッキー

最近見つけた斬新な料理本に載ってたチョコチップクッキーのレシピ。

ブログでチョコチップクッキーのレシピを募集したら30か40種類のレシピが送られてきたんですって。全部のレシピを試作するのはムリなので、材料の分量やオーブンの温度、焼き時間など全ての数値の平均を計算してみたのが『平均値のチョコレートチップクッキー』。

一見クレイジーな配合っぽいのですが、みんなの好意を無駄にしてはいけないとそのまま試作したところ結果は予想に反してなかなかいけるものだったとか。

オーブンを178.98度、またはなるべくそれに近い温度に予熱する。

小麦粉 245g
塩 3.81g
重曹 3.63g

室温で柔らかくした無塩バター 87.9g
冷たい無塩バター 29.9g
溶かした無塩バター 58g
色の薄いブラウンシュガー 169g
色の濃いブラウンシュガー 20g
白砂糖 109g

卵 46g
卵黄 8g
バニラエキス 6.08g
水 2.51g
牛乳 3.84g
セミスイートチョコレートチップ 257g

 

どんな味がするんだろう。ってことで作りやすそうな分量を計算してみました。

小麦粉 95g
塩 1.5g 小さじ1/4
重曹 1.4g 小さじ1/2

室温で柔らかくした無塩バター 34g
冷たい無塩バター 12g
溶かした無塩バター 23g
色の薄いブラウンシュガー 66g
色の濃いブラウンシュガー 8g
白砂糖 42g

卵 18g
卵黄 3g
バニラエクストラクト 3g
水 1g 小さじ1/5
牛乳 1.5g 小さじ1/3
セミスイートチョコレートチップ 100g

水小さじ1/5と牛乳小さじ1/3を入れるか入れないか。誤差の範囲じゃんと思いますがコンセプトが 『平均値』 なので。

材料を見ただけですでにいくつか問題が発生してます。

  • 室温で柔らかくした無塩バターと冷たい無塩バターと溶かした無塩バターをどんな手順で合わせるのが正しいのか
  • 色の薄いブラウンシュガーと色の濃いブラウンシュガーに相当する日本で手に入れやすい砂糖はなんだろう
  • その濃いブラウンシュガー相当の砂糖を買ってきたとしても、使うのはたった8g
  • 卵黄3gを計るのは微妙なテクニックが必要そう

 

焼き方も面白くて

クッキングシートをクッキー用の天板の1/3に敷き、丸い大きなスプーンで生地を天板の上に落とす。一部のクッキーはクッキングシートの上に乗るが、他は乗らないようにする。13.04分焼く。

 

クッキングシートを使う派と使わない派がいたってことですね。『丸い大きなスプーン』ここだけかなりアバウトでおもしろい。出来上がりサイズはスタバで売ってる大きなクッキーをイメージすればいいのかな。

私としてはコンマ何グラムとかコンマ何秒とか考えるのは全然苦にならなくてむしろやる気が出ます。どんなクッキーができるのか楽しみだなあ。

 

読書メモ【都市と星(新訳版)】

久々のアーサー・C・クラークでございます。

アーサー・C・クラーク 都市と星

そのむかし、人類はいくつもの都市を築いたが、このような都市は他の類例を見ない。なかには何世紀も存続した都市もあるし、何千世紀も存続した都市もある。しかし結局は、どの都市も大いなる時に押し流され、名前さえ失ってしまう。そんななかで、ただひとつ、このダイアスパーだけが ”永遠” に挑み、みずからを護りぬき、歳月によるゆっくりした摩耗、経年変化による老朽化、錆びによる劣化などに抵抗しつづけていた。

未来の地球上の都市ダイアスパー。都市の全ての機能がドーム球場の中で完結しているイメージです。そして住民は球場の外には別の世界があることは知らず、地球上にはダイアスパー以外の世界は存在しない(その昔存在したことは知っているが)と信じてここで安心して暮らしています。すべての機能を取り仕切るのは<中央コンピュータ>と呼ばれるコンピュータ。都市のインフラ整備を始め、住民の生死にかかわることまで中央コンピュータがコントロールしています。

主人公はアルヴィンという名の若者です。彼は常々「外にも別の世界があるはずだ、外の世界が見てみたい」と考えていて、友人や教師からたしなめられながら日々を過ごしていました。しかしあるときダイアスパーを飛び出し地球上には他にも都市がある事実を知ることとなります。

知性と肉体の分離

物語の後半に肉体を持たず、知性のみで生きている種族が登場します。「肉体を持たず知性のみで生きている」ものに遭遇したことはないのでその状況は想像するしかないのですが、人工知能は「肉体はないけど知性はある」もののひとつかもしれないと思いました。

人工知能はコンピュータという物質とは切り離すことはできないけれど、「健全な精神は健全な肉体に宿る」という意味での「肉体」は持ちません。今現在は人間の方が知的レベルは高くても、何十年スパンで考えれば特定の分野においては人間よりずっと高次の知能を持っているかもしれませんね。この小説は1956年発表なのでそれから60年。SF世界の出来事が着々と現実のものになりつつあることがわかります。

ダイアスパー市民の寿命はおそろしく長くて何千年・何万年も生きるのですが、その間ずっと人間のように暮らしているのではなくて、時々「眠り」と呼ばれる休息の時間を過ごします。眠っている間は精神は肉体から切り離されメモリーセルという場所に保存され、肉体は捨ててしまうようです。そして再び時が来ると<中央コンピュータ>が新しい肉体にメモリーセルから取り出した精神をセットします。人生の続きが始まるのです。

とすると、『生きている』ことの証明は、その知性が利用可能状態かどうかで判断するということでしょうか。わかったようなわからないような、難しいです。今までの知識の中だけで納得しようとするから混乱するんでしょうね。

映像を見たい

ダイアスパーに行ったことはないし、宇宙空間にも出たことがないから(あたりまえだ)今までに見たニュース映像や映画のシーンから場面場面を想像して読むわけです。そうすると頭の中で再生される映像はどうしたって既視感があるものしか登場しないので、アルヴィンが新しいものに次々と遭遇した時の感動に比べて自分の感動は薄いような感じがします。なんとなくもったいないです。

【アンドロイドは電気羊の夢を見るか?】- 先に原作を読んでから「あの場面はこんな風に!」といちいち場面の再現に感動しながら映画【ブレード・ランナー】を見ました。そのときのようにこの【都市と星】の映像が見たいです。誰かこの映画を映像化してくれませんかー。未知の世界を私も体験したいのです。

小説の中ではSFが一番好きです。ハヤカワ文庫ばんざい。

 

読書メモ【コードコンプリート 完全なプログラミングを目指して・上】

プログラミング・テクニックについて書かれた名著です。

コード・コンプリート 完全なプログラミングを目指して

2、3年プログラムの世界に浸ってからふと『自分のやり方はこれでいいのかな?』と疑問に思ったときに是非手に取ってほしい一冊です。これからプログラミングを学ぶ段階や初心者の方にはお勧めできません。上巻だけで600ページ、このボリュームにひるんでプログラミングが嫌いになりそうです。

技術的な内容において素晴らしいことはもちろんですが、出てくるたとえ話がこの種の本にはめずらしく思わず笑ってしまう箇所がたくさん。あるあるネタも多くてとても面白いです。少し経験がある人には単純に読み物としても楽しめると思います。

使用方法としては最初から通して読もうとすると挫折しそうなので、知りたいことを目次で探してピンポイントで活用するのがいいのではないでしょうか。

それでは気になったトピックをピックアップ。

コンストラクションにおける設計・階層化

高品質な設計を行うために考慮するべきことはいろいろありますが、『階層化』はその中のひとつです。

たとえば、新しいシステムを作成しているが、欠陥の多い古いコードの多くを使用しなければならない場合は、古いコードのインターフェイスの役目を果たす層を新しいシステムに作成する。この層は古いコードの品質の悪さを多い隠し、新しい層に一貫したサービスを提供するように設計する。そして、システムの新しい部分には、古いコードではなくこの層のクラスを使用させる。このように階層化された設計には、次のような利点がある。

  1. コードの欠陥による混乱が囲い込まれる。
  2. 古いコードのリファクタリングをするときに、インターフェイス層以外の新しいコードを変更する必要がない。

コンストラクションにおける設計・状態変数

状態変数としてブール型の変数を使用しない。代わりに列挙型を使用する。状態変数に新しい状態を追加するのはよくあることで、列挙型に新しい値を追加するとしても、その状態変数を参照する全てのコードを大幅に変更する必要はなく、再コンパイルするだけで済む。

ふむふむ。後戻りが少なくてすむよう予防線を張れということですね。

高品質なルーチン・ルーチンの引数の使用

インターフェイスの問題を最小限に抑えるためのガイドラインが提案されています。以下はその一部。

  • 引数は入力、変更、出力の順に配置する
  • 全ての引数を使用する ← 忘れている引数はありませんか?
  • ルーチンの引数を作業用変数として使用しない ← 混乱の元
  • ルーチンの引数の数はだいたい7個に制限する ← 人間は7つ以上の情報のかたまりを一度に覚えられないから

ルーチンの引数が多いということはルーチンの結合度が強いということ。結合度が弱くなるようルーチンは設計しなさい、とあります。

疑似コードによるプログラミング・疑似コードプログラミングプロセス

疑似コードプログラミングプロセス(Pseudocode Programming Process)とは、コーディングにとりかかるまえに普通の文章でルーチンの構成を作成すること。

  • 特定の処理を正確に説明する文章を使用する。
  • プログラミング言語の構文要素を使用しない。疑似コードを使用すれば、コードそのものよりも少し上位レベルで設計を行うことが可能になる。
  • 目的のレベルで疑似コードを書く。その方法をプログラミング言語でどのように実装するかではなく、その方法を取ることの意味を説明する。
  • ほぼそのままコーディングできるくらいの詳細レベルで疑似コードを書く。

悪い疑似コード

これを書いた本人は満足かもしれませんが、他人には何をしようとしているのかが分かりにくい。それとC言語のコーディング要素が含まれているため、使用言語を選びます。疑似コードはコーディングでなく設計に焦点を合わせて作成するべきです。

良い疑似コード

読んだらすぐにコーディングのイメージが浮かんでくる書き方です。このレベルで疑似コードが書けたらあとは文章の部分を実際のコードに書き換えていきます。文章はこのままコメントで残しておくとよいですね。

なかなか時間に追われてこのレベルで実践することは難しい場合もありますが、設計ミスに関してはこの段階で発見できる可能性が高く、後戻り削減に効果的なことはよくわかります。コードの見通しが良くなり、あとから仕様変更に対応するときも影響がある部分を見つけやすそうです。

特殊な制御構造・goto文の使用に関するガイドラインのまとめ

goto文をめぐる議論はすっかり途絶えてしまったと思っているかもしれないが、SourceForge.netといったソースコードリポジトリをちょっとのぞくと、goto文が今も健在で、会社のサーバーの奥底に潜んでいることがわかる。

goto文の使用は宗教的な問題である。私の独断的な考えでは、現代の言語では、10個のgoto文のうちの9割は、それに相当するシーケンシャルな構造に簡単に置き換えることができる。

goto文についてはいろんな人がいろんなことを言ってますが、ここは結構笑ってしまう部分が多かったです。もう一度賛否の両論に目を通しておくといつか役に立つときがくるかもしれません。


最初の方で上流の設計工程についても言及があります。設計が変だったり曖昧だったら『完全なプログラミング』なんて無理ですもん。

それから『クラス』と『ポインタ』について、言語の解説本で説明を読んでも「なぜクラスを使用すると便利なのか」「なぜポインタという考え方をするのか」については「だってそうするものと決まっているから」みたいな書き方ばかりで「そもそも…」についてあんまり触れられていないことが多いです。

本著は「そもそもクラスって何のため?」「そもそもポインタって何の役に立つの?」という素朴な疑問への答えがわかりやすく説明されてました。過去にくじけた経験があるなら一度目を通してほしいです。

上巻はここまで。下巻を読んだらまた書きます。