真柏のお手入れ

真柏は手持ちの盆栽の中で一番の古株です。この春は植え替えをせず、思うところがあって針金もかけていないため、特に何もすることがなくお水と肥料をあげるだけの日々を過ごしていたら。

真柏さんから「ケヤキばかりかまってないでたまにはお手入れしてよっ」とメッセージが聞こえてきたので、本格的な夏を迎える前に少しお手入れをしました。

before

春先から全体がまんべんなく伸びたようでもっさりしています。内側に枯葉がたくさんあり、さわるとぽろぽろ落ちてきます。真柏は常緑樹で不定期に葉を落とします。この子の樹高はおよそ20cm。

2016062601

after

枯葉と枯れ枝を落とし、杉葉を除いてほぼ全ての枝先を摘んで一回り小さくしました。写真で見るともう少し手を入れたほうがよさそうですね。形を整えるときにどこをどうしたらいいか迷ったら、写真を撮って客観的な視線で眺めると、「ここに手を入れたほうが良い」といった箇所が一目瞭然です。

葉の付き方を無視して枝先を摘むと枝ごと枯れてしまうことがあるので、それぞれの枝ごとに短くしても大丈夫かな? ここは残した方が安全かな? と考えながらの作業です。とても時間がかかります。

2016062602

今年の盆栽まつりで盆栽園の職人の方がお手入れをしているところを見せていただきました。作業がものすごくスピーディーなことにびっくり。手の動きは素早いし、手が入ったところは見違えるように形が整います。完成形がはっきり見えていてその通りに手を動かしているんだろうと思います。私みたいに考え考え作業していたら時間がかかりすぎて商売になりません。

2012年10月の姿

この年の2月に植えつけたというメモを発見。4年でだいぶ盆栽らしく成長しました。木の形も変ですが、植えつけ方もおかしなことになっていて、初心者の作品見本のようで微笑ましく思います。

2016062603

またまたケヤキの芽摘みと今のコハウチワカエデ

ケヤキ

梅雨に入り滝のような雨が降ったりあっというまに日焼けしそうなカンカン照りの日があったりですがケヤキは元気です。前回5/17の芽摘みから3週間ほど経過。勢いは衰えを知りません。

before

マンガみたいに元気よく伸びてます。

2016061101

上から。

2016061102

after

いつものように輪郭に沿ってカット。それからメインの幹(主幹)に覆いかぶさっていた枝を何本か元から切りました。

2016061103

上から。まんまるに近づけたい。

2016061104

 


コハウチワカエデ

最初に対の葉が開いたあとその次が出てこないので芽摘みはしていません。横から見るとやはり頭頂部の葉が大きく勢いが良いことがわかります。

2016061106

角度を変えて。株元の姫ギボウシが元気いっぱいです。

2016061105

 

ふたたびケヤキとコマユミの芽摘み

ケヤキ

ケヤキがボサ子さんになっていたのでまたまた芽摘み。前回摘んだのが5/17だから2週間を待たず。わお。ということはケヤキはこれだけ樹勢が強い樹種なので、適当に摘んでも切りすぎてもあまりどうってことはなく大勢に影響は与えないのです。もちろん個体差あるでしょうけど。

before

2016052501

 

after

2016052502

 

ついでに大きい葉もカットしました。大きいとは2cmくらいのこと。

2016052503

コマユミ

コマユミも目を離しているとボサ子さんになりがち。

before

2016052504

 

枝の先端の葉がやけに大きいのがわかりますか? 頂芽優勢の言葉通りです。

after

2016052505

 

ケヤキと同じく節間に注目して節間が広がっているところでカットします。ついでに枝が交差しているところがあればどちらかの枝を元から切ってすっきりさせます。

そろそろ花が咲いているころなので落とさないように。ちょっと触れただけでも落ちてしまうので注意。

2016052506

 

それとコマユミはアブラムシがつきやすいのでオルトラン使った方が楽です。無農薬がよければこまめにガムテープで取ります。

 

ケヤキの芽摘みと大盆栽まつり

ちょっと前のできごとですが大宮で盆栽を買いました。朝のニュースで大盆栽まつりの様子を見たらいてもたってもいられなくなり気がついたら新幹線に乗ってましたという感じ。

ケヤキの芽摘み

その時購入したケヤキがびゅーんと伸びたので芽摘みします。

before

露店のおじさんは『双幹』と言ってたけど寄せ植えじゃないかと思う。高さ8cmほどのかわいらしい子です。いわゆる『ホウキづくり』の素晴らしい形ではないため他の草花と合わせて景色っぽくする予定。

2016051701

after

2016051702

輪郭からはみ出した枝を葉のすぐ上でカットします。

びゅーんと伸びた芽はたいてい節間が長く盆栽的にはあまりカッコよくない。節間というのは葉と葉の間隔のことです。なので枝を元の方へたどって『ここから先は節間が長い』部分を確認します。で、節間が長いところを落とすイメージでカットします。多少輪郭より内側になるかもしれませんがすぐまた伸びるので気にしません。

2週間に1回くらいボサ子さんになってないか様子をチェックします。

大盆栽まつり

毎年5月3日~5日に大宮の盆栽町で開かれている盆栽のおまつり。

大盆栽まつり2016

大宮駅から東武野田線(東武アーバンパークライン)に乗って2つめの大宮公園駅で降りて北へ、踏切を渡って右に曲がるとすぐにまつり会場の通りに出ます。JR宇都宮線・土呂駅からも行けますが、野田線・大宮公園駅からスタートしましょう。

とにかくたくさんの盆栽の出店が何本もの通りに並び、あれもこれもと目移りします。そして普段はちょっと敷居が高く感じる盆栽園にもこの日は気軽に訪れることができるので全部おじゃましてきました。目の保養です。

ケヤキの他にカナシデ[クマシデ]苗買いました。カナシデは葉脈が美しい。今日現在まだ苗のまま植えつけてない…

2016051709

大宮盆栽美術館

ここも目の保養に時々訪問したいところ。

原則として盆栽の撮影は禁止なので盆栽の写真はなく…

駐車場の一角に盆栽の売店があります。お手頃価格のもの多し。

ここはJR・土呂駅の方が近いので、まつりのときは大宮公園駅からおびただしい数の露店と盆栽園を楽しみながら盆栽美術館まで進み、涼しい館内で休憩しつつ素晴らしい盆栽を鑑賞しましょう。

まつりでないときも大宮公園駅から盆栽園や盆栽町の街並みを眺めながら盆栽美術館へ。そしてそのまま土呂駅まで歩いて宇都宮線で帰宅するルートがおすすめです。

ちなみに、土呂駅東口(盆栽町から歩いてきたら東口に着く)のロータリーにある花壇は盆栽をイメージした植栽になっています。機会があったらそんな視点で眺めてください。

 

旭山桜の芽摘みと植え替え

旭山桜の葉が伸びてきました。そろそろ芽摘みの時期ですね。

1回目の芽摘み

<作業日:2016年4月25日>

というわけでさっそく1回目の芽摘みを行いました。

before

すでに水切れが…いやになっちゃう。

2016050201

after

少し葉が減りました。1回目なのでこんなもんでしょう。

2016050202

芽摘みの実際

芽がこんな風に伸びていたら

2016050203

元に葉を1枚か2枚残してカット。

2016050204

ここも

2016050205

カット。

2016050206

この芽たちはまだ伸びていないので今回は見送ります。

2016050207

時々様子をチェックして伸びたものがあれば都度カットします。

植え替え

<作業日:2016年4月20日>

テクニック本には桜などバラ科の植物は根頭がん腫病予防のため秋に植え替えましょうとありますが、自己責任で植え替え決行。元の鉢が軽すぎて何度も転倒の憂き目にあっているのと、普通のバラの植え替えは今頃でもありなので。

before

fl0

after

芽摘みのあとで撮った写真です。正面変えました。重たい鉢なので今度は倒れずにすむといいな。

2016050208