読書メモ 植物を育てるための参考書

バラや盆栽を育てるときに愛用&愛読している参考書を紹介します。

バラ編

鈴木満男『バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック』

著書の鈴木さんのバラに対する愛情がひしひしと感じられて大好きな本です。鈴木さんは京成バラ園芸で長年バラづくりをされている方。植え付けから始まって成長期のお手入れや剪定など基本的なことは全部載ってます。地植え・鉢バラ両方OKです。

そうそう、Youtubeで冬剪定の動画が見られるのです。もちろん勉強になるんですけど、鈴木さんが実に楽しそうに剪定をしている姿がほほえましくてこちらの動画も大好きです。動画はその時期がきたらまた紹介しますね。


草花編

黒田健太郎・黒田和義『寄せ植えや庭づくりに役立つ草花の選び方・使い方ノート』

以前にも紹介しましたこちらはさいたま市のフローラ黒田園芸さんの本。主に草花カタログとして活用しています。庭植えや寄せ植えをするときの草花の組み合わせ方や色の合わせ方の実例も少々。

最近ようやく「花でも植えるか」気分が盛り上がってきたのでこの本を手に取る機会が増えています。3月終わりからお店にはたくさん苗が並ぶけれど、このあたりでは遅霜のことを考えて実際に体を動かすのはGW頃ですね。


盆栽編

村田 勇『盆栽 春夏秋冬』

大宮盆栽町の盆栽園『九霞園』の盆栽写真集。写真集と呼んでいいのかわかりませんが写真集として眺めて楽しんでいます。

九霞園さんは盆栽に針金を使わないのです。あ、もちろん鉢底網を止めるときや根止めの針金は使ってらっしゃいますけど。針金を使わなくてもこれだけ味わいがあって細やかな盆栽を生み出すことができるなんて。私はかなり衝撃を受けてます。

それから、いわゆる盆栽用の素材でないもの、例えばローズマリーや一年草の草花、野菜(!)といった普通の植物も盆栽に仕立ててらっしゃる。何かね、『盆栽』に対するあれやこれやがひっくり返るほどの衝撃と面白さ。

毎年5月3~5日の連休には大宮盆栽町で『大盆栽祭り』があります。もうすぐですね!ぜひ九霞園さんに足を運んで本物を見ていただきたいなーと思います。

今年の盆栽まつり

 

加藤文子『草と木の小さな鉢』

加藤さんも大宮盆栽町にある盆栽園のご出身で、現在は那須高原で盆栽とアーティスト活動をなさっています。加藤さんの盆栽は一般的な盆栽とはまた違った趣があり、植物たちがのびのびと鉢の中で暮らしている様子が伝わってきます。

さいたまを離れて身近に盆栽のお手本を見る機会がなくなった今、これからどんなふうに盆栽を楽しもうかと考えながらぱらぱらめくるといろんなアイディアが湧いてきます。テクニックも掲載されていますが私にとってはどちらかというと『盆栽との付き合い方』のイメージをふくらませてくれる本です。

加藤文子『natural盆栽 小さなみどりの育て方』

同じ加藤さんの本。『草と木の小さな鉢』に写真が掲載されていたいくつかの鉢のその後の様子を見ることができます。植物の種類やテクニックについてはこちらの方が豊富ですね。

加藤さんのパートナーの方は陶芸家で、お二人は盆栽鉢も手掛けていらっしゃいます。うちにもひとつあります。お二人の鉢を見ていると、鉢に似合う植物のイメージが次から次へと浮かんでくるのです。たぶん、私は加藤さんが創り出す盆栽の世界観が大好きなんですね。

 

山田香織『はじめての盆栽つくり方&育て方』

同じく大宮盆栽町にある盆栽園『清香園』の方が書かれた本。こちらは本当に『盆栽の基本のき』で、盆栽を始めるならまずこれを最初から最後まで目を通せばひととおりのことはカバーできると思います。樹種別のお手入れ方法も詳しいです。

盆栽園の方が書かれた本を見比べてみると、盆栽園にはそれぞれ独自の手法があることに気づきました。盆栽には『植物を育てる:生き物との付き合い方』と『木の形作りと鉢選び:アート』という二つの要素があると思うんですがいかがでしょうか。樹齢何十年、何百年という木を目の前にすると私の盆栽歴は永遠にひよっこのようなものですが、本当に面白いし楽しめる懐の深い遊びだと思います。

クロマツの植え替えとコハウチワカエデの葉っぱ

植え替えは今日も続く。

クロマツ1号

先日の剪定で形を変えたら鉢とのバランスがいまひとつ。植え替えたい欲がうずうずするのでえいっと実行しました。

before

2016040106

after

2016042312

正面を変更してやさしい雰囲気の丸鉢に植えました。マツや真柏類は泥物の鉢というのが一般的ですが手持ちの中で似合いそうな鉢を選んだつもり。泥物の丸鉢欲しいな。クロマツ2号鉢に生えていた苔をはがして土の表面に撒きました。撒きゴケというちゃんとした栽培方法なんですよ。

クロマツ2号

盆栽的にはまったく盆栽とはいえない形でお見せするのもどうかと思いつつ載せちゃいます。

これは神戸に家があったときにどこからか飛んできた種から発芽したもの。神戸は海が近いなので飛んでくる種もクロマツなのですね。今住んでいるあたりで見られるのはアカマツばかり、地域性があって面白いです。こぼれ種から生えてきただけあってとても丈夫で元気いっぱい。

before

鉢が大きすぎるので…

2016042315

after

クロマツ1号が植わっていた鉢にお引越し。この鉢にはこれくらいボリュームがある木の方が似合いますね。幹がほぼ直線なのでまっすぐに植えてみました。さて、これからどうしたものか。

2016042310

裏側にはたーくさん新しい芽が出ています。時間をかければかなり違う形に変身しそう。

2016042311


コハウチワカエデ

先日新芽が出て喜んでいたコハウチワカエデ。第一陣の葉が開きました。

2016042317

葉の切れ込みが5つ以上のものをモミジ、それ以外をカエデと呼ぶそうです。コハウチワカエデは切れ込みが7つなのにカエデという名前なんですね。なんとなくモミジっぽいような気がしませんか?下の方のおちびさんな葉っぱがかわいい。

2016042318

本日の作業は以上です。

コマユミとキンズの植え替えそして冬を越したヒューケラ

先週ようやく簡易ビニールハウスから植物を出して植え替え作業の真っ只中です。遅霜が来ないことをお祈りしながら。

コマユミ

コマユミはまだまだ芽が固くてしばらく芽吹きそうにありません。添えの草はタマリュウです。

before

2016041801

after

2016041802

鉢を変え、枝先を剪定して軽やかに。

キンズ

before

キンズは晩秋からずっと家の中で暮らしているのですが世の中が「春!」になったら突然新しい葉がにょきにょき伸び出しました。どうやって季節の移り変わりを感じているんだろう。添えの草はハナセキショウ。

2016041803

根っこがぐるぐる

鉢から出したら太い根っこがぐるぐると面白い形になってました。

2016041804

after

せっかくなのでぐるぐる根っこを地表に出して植えつけました。木の正面も変えて思い切り遊んでます。キンズの根っこがちゃんと見えるようにハナセキショウは他の植物の鉢に植えることにします。

2016041805

ゆくゆくは半懸崖にしようかな。

それと前々からやってみたかった桐生砂を今回初めて使いました。このあたりはさいたまとは違って盆栽資材が一般的ではないのでガーデンセンターをいくつも回りようやく砂をゲットです。この配合は地域・気候的にはどうなんだろう。実験ですね。

冬越ししたヒューケラのお手入れ

シックな色合いが人気のヒューケラ。花の引き立て役に使うのはもちろんのこと、ヒューケラの色違いだけで寄せ植えを作ってもステキですよね。なんとなくビニールハウスに入れておいたら早々に花穂が立ち上がってきてます。

2016041806

before

昨年の葉とこれから伸びてくる葉で鉢がきゅうくつそう。寒さで痛んだ葉もちらほら見えます。

2016041807

after

これも盆栽のつもりで育てていて、ちょっとだけ手を入れました。お手入れというほどの作業でもありませんが。

2016041808

痛んだ葉と大きすぎる葉を取り除いてすっきり。右下に見えている草はフウロソウです。ヒューケラの陰に隠れていたフウロソウにも日が当たるようになりました。

そして全体像。

2016041809

 

コハウチワカエデの芽出しとマツの剪定

朝方マイナスにならない日が続き植物がわいわいと騒ぎはじめています。

コハウチワカエデの新芽が出たよ

2016040102

コハウチワカエデはカエデの仲間です。呪文みたいですが『コ・ハウチワ・カエデ』と区切りましょう。『ハウチワカエデ』という木がありそれに似ていて葉が小さいので『コ・ハウチワ』というそうです。その名の通り葉はうちわのような形をしています。

この鉢も昨夏水切れで生命の危機に瀕し、生きているのか枯れてしまったのかよくわからないままに冬を越したら芽が出てきました。あー、よかった。

ひょろひょろでなんだかよくわからない全体像をどうぞ。一番太い幹が鉛筆ぐらい。株元に姫ギボウシが植わっているのでじきに顔を見せてくれるでしょう。

2016040101

モミジやカエデの類は新芽が出ると『芽摘み』という作業が始まります。タイミングが重要なので結構たいへん。

マツの剪定をしました

マツにはあまり『剪定』という言葉は使いませんがバッサリはさみをいれたのであえての『剪定』。

クロマツ

before

2016040105

何とコメントしていいか困るこの樹形。

after

2016040106

左の枝をカットして右流れの樹形を目指します。形を変えたら鉢の中での位置が変に見えるしもう少し口径の狭い鉢が似合いそう。植え替えたくなりました。

五葉松

2013.11 苗を植えたとき

ひょろひょろの模様木でした。

201311

before 今日の姿

「あなたは何がしたいの?」と聞きたくなるような樹形。途中で木の正面を変えて左流れを目指したものの、間延びした枝が気になって仕方がない。写真を比べてみると2年の間に枝が増え長く伸びたのがよくわかります。初々しかったマツが世間の荒波に揉まれたふうに見えなくもないですね。

2016040104

after

左側に伸びていた枝を元からばっさりカットして右流れに変えました。ボサボサの葉っぱは今後の課題。短い葉の五葉松に憧れます。

2016040107

裏側。1cmほどのかなり太い枝をカットしました。

2016040109

太い枝を切ったら保護剤を忘れずに。

2016040108

 

旭山桜の開花とバラの新芽その後

盆栽の旭山桜が開花しました。

旭山桜は花と葉が同時に開きます。山桜の特徴ですね。
花色ははじめ濃いめのピンク、咲き進むと白っぽくなります。

全体の高さは30cmくらい。
昨年の夏水切れを起こしてしまって花芽が少ないのですが、それでも咲いてくれただけで、、うるうる。養生のため夏以降今まで手を入れていません。なので盆栽的には変な形。花が終わったら様子を見ながら回復の手助けを始めます。

fl0

2015年の春。かなり賑やかだったのね。

2015040902

バラの新芽のその後

10日前、3月18日の鉢バラはこんなでした。

f5

今日の様子です。

2016032802

葉が開いてきましたね。まだしばらく伸ばしますよー。
関東地方に比べると芽の伸びはゆっくりなんじゃないかな。