the pillows【NOOK THE BRAIN TOUR】@長野 CLUB JUNK BOX

2017.5.7 the pillowsライブ@長野CLUB JUNK BOXに行ってきました。

長野はなんと今ツアー2公演目で、いつもはもう少し回数を重ねてから回ってくるので、ある意味新鮮でした。会場SEはこの日もやはりピーズ。

アルバムツアーだからアルバム曲の演奏を首をながーくして待っていたのはもちろんですが、なんだかGOODDREAMS、染みました。「倒れていないだけ」のところ。そして久しぶりのインスタントミュージックも。「王様になれ」は、「おうさまになれー」と叫んださわおさんの曲紹介がよかったです。なんてことはないけれど、今のさわおさんからの強いメッセージかな?と印象に残っています。

NOOKの中でのお気に入りは「ジェラニエ」「Cooming Sooon」「パーフェクト・アイディア」で、それが3つ続けて流れてしまってもうどうしましょうという感じ。ジェラニエはサビの息継ぎが大変で、真鍋さんに交代で歌おうと言っているのに全然実現しないとか。真鍋さんも歌いたいと思っているんだけど、これを弾きながら(と言いながらサビのところのフレーズを弾く)歌うのは難しくて無理、と残念そう。いつか歌ってほしいです。

「Cooming Sooon」はハンドマイクで。ダンスしながら歌うさわおさん。続く「パーフェクト・アイディア」もハンドマイク。「全然愛のこもっていないラブソング」シリーズのTOY DOLLのときもそうですが、ハンドマイクのさわおさんにとてもとても艶っぽさを感じてしまうのは私だけでしょうか?ばあっと前に出てくる姿を見るだけで倒れそうです。後日LINE LIVEの映像を見たら艶っぽさがふたたび蘇り、テンション上がりっぱなしです。LINE LIVEはまだしばらく公開されているのでぜひ。

そして本当は記憶から消えたことになっている「BE WILD事件」。あんなに歌詞が飛んでしまうとは。そのときさわおさんは見えてなかったので、なにが起きているのかわからずあとのMCでそうだったのか!です。しっかり準備をしてライブに臨んでいるのに、、とのこと。その埋め合わせで、アンコールにダイナソーが追加されました。続くSleepy Headの安定感はさすが。Where do I go?のあと、これで本編終わるとしたら
物足りないなーと思っていたらラストはAdvise。

今回のアルバムは曲が短くて、曲数はいつもどおりなのにあっという間に終わってしまう、と。確かに、アルバムを聴いた時に「みじかっ!」と思いましたもん。それで、初日の高崎が短すぎたので、長野ではブルースドライブモンスターを入れたのにそれでも短くて、なんとか曲を長くする方法を試行錯誤してました。ライブはアルバムの再現ではないから、ちょっとだけ弾いてみるなんてシーンがあったりするととても嬉しいのです。Envyのイントロを延々やってみたり、しんちゃんがドラムロールを続けてみたり。しんちゃんが自分はロールはそんなに上手じゃない、中学生や高校生のブラスバンドの子の方がずっとうまいと。行く先々でブラスバンド部の子にゲストで出てもらえばいいのでは?とおっしゃってました。

月の砂漠で~の「どこにもない世界」は会場限定シングルをゲット。これは、たとえば誰かにピロウズを勧めるときにちょうどいいと思いました。新曲もお馴染み曲も両方入っているし、最近の録音なので(STROLLのライブ音源入り)新鮮なピロウズを聴いてもらえるし。CDのデザインがまるでレコードなのもお気に入りです。今回の唯一の心残りはバスター君ステッカー引換券をすっかり忘れていたこと。それではまた。

the pillows【KOENJI HIGH 9th Anniversary】@高円寺HIGH

2017.1.13 2017年最初のピロウズライブに行ってきました。

開演前SEはここでもピーズ。応援企画は着々と進行している様子がうかがえます。さわおさんいわく、それほど旬でない(これまで旬の時期がない)バンドで2回も武道館に出るしんちゃんは何気にすごい!とのこと。

オープニングはReady Steady Go!。そうきましたか!年末カウントダウンのラストがReady Steady Go!だったのでそれを受けてこの曲になったのかなーと考えてみたり。今日はスペシャルライブの位置づけで、セットリストはアルバムツアーなどとは違った趣になることを期待していたら、スタートからReady Steady Go!ですよ。続いてレジスター&シナーズ。シナーズは前ツアーのときに歌詞をちゃんと覚えてなかったのを反省して復習などしていたところ、さっそく演奏してくれたのが嬉しかったです。

アナザーモーニングは高円寺HIGHのアニバーサリーにかけて選ばれたのでしょうか。25thの頃はたびたび耳にしていたけど、ここ最近では久しぶりです。ニコニコのときのようなアコースティックバージョンもまた聴きたいと思ったり。次のWAITING AT THE BUSSTOPまで、2017年も飛ばすぞーといった勢いでした。

有江さん「地元に帰って初詣に出かけ、大吉しか引いたことがないのに今年は違うのを引いてしまって動揺しました。」
しんちゃん「高円寺HIGHにはVIPルームという部屋があって、VIP感を味わうためにいつもその部屋にいます。しかし9年も経つとソファーが古びてしまってVIP感が全然ありません。」
真鍋さん「新年早々失敗をやってしまいました。ATMに行ったら手持ちのキャッシュカードの磁気が全部ダメになってしまってお金がおろせなかったです。アンプの上(=磁気が強力)に財布を置いていたのが悪かったようです。」
さわおさんは何をしゃべっていたのか思い出せない…なんてこと。思い出したら追記します。

「王様になれ」に入るところで、すっかりスタンバイOKなのに真鍋さんはマイペースで汗など拭いていることにもやもやするさわおさん。それに気づいて真鍋さんは「どうぞ」のジェスチャー。しかし、さわおさん「どうぞって、あなたから始まる曲でしょ!」大笑いです。

新曲の「どこにもない世界」は、「月の砂漠」という言葉が何度も出てくる、じっくり聴きたくなるスローな曲。そしてFool on the planetが終わったところでお酒が登場。この日のスペシャル1号は本編最後のNo Surrenderで、「1番を3回歌った」こと。なんとなくの違和感の理由はそういうことだったようです。

スペシャル2号というか、アクシデントがダブルアンコール前に発生しました。「王様になれ」が突然切れて警報機の音が鳴り響きます。何のアナウンスもなく、変な空気が流れる中でさわおさん登場。しばらくドラムを叩いてからギターを持ち1曲弾いてくれました。次にファニーバニーを、マイクの音が出ないため生声で。間奏の真鍋さんソロのところも歌って乗り切ろうとしたけれど無理だってことで、さわおさんパートを繰り返しているうちに他のメンバーが登場し、さわおさんに合わせて弾きはじめます。結局マイクはNGで、みんなで歌ってライブは終わり。

ライブ自体はとても盛り上がって楽しく最高だったのですが、アクシデントに関してはもう少し説明があってもよかったのではないの?と思います。そんなことを考えながら帰路についたのでした。

怒髪天【2017年新春公演 謹賀新年、ネオ元旦。…】@長野JUNK BOX

2017.1.8 新年早々長野で怒髪天2Days開催、2日目レポです。

前日の大みそか(という設定の)ライブはしんみりというかしっとりというか、とにかく手放しでははしゃげない雰囲気のまま最後まで走った印象でした。一夜明けて元旦(という設定の)は開演前からお祭り騒ぎの気配が濃厚。同じ会場で行われる同じバンドのライブ、そしておそらく客側も2日続けて参戦の人が多いと思われるのにこの雰囲気の違いは何?

オープニングは大好きな「酒燃料爆進曲」。みんな「待ってました!」といわん限りのはしゃぎっぷりで、これから2時間大丈夫だろうかと心配になってしまうほど。前日もやったのにね。2日間でベスト盤2枚分の曲をやるって聞いてたけど(初日の増子さん談)、終わってみれば確かにその通りの豪華なラインナップ。お馴染みの曲たちが次から次へと繰り出されお祭りは続きます。

この日一番しみたのは「青き旅烏」でした。いい曲だなっとしみじみと。若ーい人たちが大声で歌っているのを見ながら、10代の彼らとそれなりな年の自分とでは感じることはおそらく違うんだろうなあと思いつつ、ひとりひとりにまっすぐメッセージを渡してくれる怒髪兄さんたちに感謝しながら大切に聴いてました。

MCは2016年の総括が中心で、内容は概ね侍青會会報のインタビューどおりです。といっても実際に兄さんたちから語られる言葉の方が数倍面白く、チャンスがある限りライブには参加するべきと思います。

「紅白出場が決まったらどの曲を歌うか?」は「ファンからアンケートを取るかも」。でもアンケートは取るだけで参考にしない、とか。紅白に出るなら何だろうなと素早くその場で考えてみましたが、怒髪天を知らない人に聴いてもらうなら「ひともしごろ」とか「歩き続けるかぎり」でしょうか。「ひともしごろ」は自分が今聴きたい曲でした。今回の2Daysではセットリストになかったので。

そしてそして、お年玉企画としてこの先のライブスケジュールが発表されました。冬は長野、春はアワーヅ。東京はなんだかんだでライブが多いから、季節ごとのイベントは地方でやりたいとの嬉しい発言に会場大騒ぎの中、2017年のツアー日程のお知らせも。

終わってみれば2日目は最初っから最後まで、ほんとに楽しいライブでした。次に会える数か月後まで、その日が待ち遠しいです。

怒髪天【長野闘気オレンピック 2016年12月38日…】@長野JUNK BOX

2017.1.7 新年早々長野で怒髪天2Days開催、1日目レポです。

長ーいタイトルが物語っているように、この日は大みそか12月38日という設定で始まったライブ。ところどころで混乱がありつつも大みそかの年越しライブらしく、今年(2016年)を振り返るトーク満載でした。まとめるならば年の前半は51本ツアー、後半は増子さんと3人に分かれての活動、そして年末にバンドで集まって「バンドっていいなあ」を実感しながら今日を迎えた、という増子さんの言葉。

会場SEはピーズ。武道館決まりましたもんね。

「舞台ではふと思いついたことを話したり行動に移すことはできず、全て決まっていることを粛々とこなさなければいけないが、バンドの時は好きなことを好きな時に話せるし途中で水も飲める(確かに)、バンドって自由だ!」

「坂さんは首の長い女性に憧れがある」「坂さんは写真を撮るときいつも首を伸ばしている、ついでに頬をへこましている」そうなので、写真をよく見てみてください。そう話している間友康さんは頬をずっとへこませてました。

ひめキュンの話で友康さんの「プレイヤーに徹することができたのは大きかった。怒髪天だとコーラスとかやんなきゃいけないし」に対しては増子さんから「やんなきゃいけないしって自分で作ったんだろ」

「俺たちはお互いに助け合う仲。」「音源が出たりライブをやるときは君らが俺たちを助ける。」「君たちが困ったりつらい目に合っているときは、俺らの曲を聴いてまあまあもうちょっとは頑張れそうかな、と思える程度には助けてあげられる。」増子さんの笑顔には背中を押してくれる不思議な安心感があって、そうそう、まだまだ頑張れるよって思ってしまうのです。

この日一番しみて泣きそうになったのは「宿六小唄」。

今日の事すら出来ない男に どうして明日が見えてこようか
自分の事も出来ない俺に オマエの涙を拭えるハズあるもんか

理由はうまく説明はできないけど。

そしてビックリだったのはアンコールでの「恋人たちのクリスマス」。増子さん自身もびっくりしたとか。「そろそろ年越し、カウントダウンと思ったらさらに日付が巻戻ってる!」

スタートからなんとなく「年越し祭り」というよりも「今年を振り返ろう」「生き方を振り返ろう」的な印象だったのですが、ここでようやく世間と歩調を合わせた(?)祭りっぽい雰囲気に。そして最後は「美学」。この日にふさわしいエンディングだったなーと思います。

物販の方は12月38日Tシャツなど限定っぽいグッズもあったけれど、思わず怒髪印の磯五郎さんをゲット。ところが家に帰ったら年末に買ったばかりの磯五郎さんを発見。しばらくは何にでも七味をふりかけることにします。

The Who【A Quick One (Happy Jack)】

ピロウズのSTROLL AND ROLL TOURで開演前に流れていたアルバムです。

会場に入ると聴こえてきた聞き覚えのある声。これは絶対The Whoに違いない!と確信したものの、半年近くが過ぎたところでようやく発見することができました。2曲目のBoris the Spiderが特に印象的で、STROLL AND ROLL TOURに行った人ならThe Whoを知らなくても聞き覚えがあるはず。

1曲目、Run Run Runはこれからワクワクすることが始まりそうなまさに1曲目!という感じ。6曲目のCobwebs and Strangeはトムとジェリーを連想します。いまどきなぜトムとジェリーかというと、通っている歯医者でちょっと前に集中的に見た、私にとっては懐かしいというよりわりとリアルタイムなアニメだから。そしてBatmanは歌詞が「バットマーン」だけの、「バットマーン」と叫んでいるだけの歌だけどとてもカッコいい、映画のカバー曲。ここで気づいてしまったのですが、もしかしたらバットマン、私は観てないかも。

おまけのボーナストラックにはおなじみMy Generationのライブバージョンが収録されています。このアルバムは私が生まれるよりも前の1966年のリリースです。それでも全然古さを感じないし、昔の録音で気になってしまう音が薄い感じがなく、大満足感な一枚です。聴いているのがReMasterdだからかもしれませんが、何よりもThe Whoが素晴らしいのだと思います。

ついでといっては何ですが、このアルバムをデータで持っているならスピーカーはぜひともBOSEで聴いてほしい!私が今持っているのは

BOSE SoundLink® Mini Bluetooth® speaker II

bluetoothのポータブルスピーカーです。このアルバムにぴったりな、ライブハウスにいるようなドスドス感や音の広がりがみごとに再現してくれます。元々BOSEの音は好きですし、最初に聴いたのがライブハウスだったのでなおさらそう思うのかもしれません。

同じくThe WhoのアルバムでMyGenarationが入っているお気に入りのアルバムはWho’s Better, Who’s Best: This is The Very Best of The Who。また改めて書きたいと思います。