怒髪天【2017年新春公演 謹賀新年、ネオ元旦。…】@長野JUNK BOX

2017.1.8 新年早々長野で怒髪天2Days開催、2日目レポです。

前日の大みそか(という設定の)ライブはしんみりというかしっとりというか、とにかく手放しでははしゃげない雰囲気のまま最後まで走った印象でした。一夜明けて元旦(という設定の)は開演前からお祭り騒ぎの気配が濃厚。同じ会場で行われる同じバンドのライブ、そしておそらく客側も2日続けて参戦の人が多いと思われるのにこの雰囲気の違いは何?

オープニングは大好きな「酒燃料爆進曲」。みんな「待ってました!」といわん限りのはしゃぎっぷりで、これから2時間大丈夫だろうかと心配になってしまうほど。前日もやったのにね。2日間でベスト盤2枚分の曲をやるって聞いてたけど(初日の増子さん談)、終わってみれば確かにその通りの豪華なラインナップ。お馴染みの曲たちが次から次へと繰り出されお祭りは続きます。

この日一番しみたのは「青き旅烏」でした。いい曲だなっとしみじみと。若ーい人たちが大声で歌っているのを見ながら、10代の彼らとそれなりな年の自分とでは感じることはおそらく違うんだろうなあと思いつつ、ひとりひとりにまっすぐメッセージを渡してくれる怒髪兄さんたちに感謝しながら大切に聴いてました。

MCは2016年の総括が中心で、内容は概ね侍青會会報のインタビューどおりです。といっても実際に兄さんたちから語られる言葉の方が数倍面白く、チャンスがある限りライブには参加するべきと思います。

「紅白出場が決まったらどの曲を歌うか?」は「ファンからアンケートを取るかも」。でもアンケートは取るだけで参考にしない、とか。紅白に出るなら何だろうなと素早くその場で考えてみましたが、怒髪天を知らない人に聴いてもらうなら「ひともしごろ」とか「歩き続けるかぎり」でしょうか。「ひともしごろ」は自分が今聴きたい曲でした。今回の2Daysではセットリストになかったので。

そしてそして、お年玉企画としてこの先のライブスケジュールが発表されました。冬は長野、春はアワーヅ。東京はなんだかんだでライブが多いから、季節ごとのイベントは地方でやりたいとの嬉しい発言に会場大騒ぎの中、2017年のツアー日程のお知らせも。

終わってみれば2日目は最初っから最後まで、ほんとに楽しいライブでした。次に会える数か月後まで、その日が待ち遠しいです。

怒髪天【長野闘気オレンピック 2016年12月38日…】@長野JUNK BOX

2017.1.7 新年早々長野で怒髪天2Days開催、1日目レポです。

長ーいタイトルが物語っているように、この日は大みそか12月38日という設定で始まったライブ。ところどころで混乱がありつつも大みそかの年越しライブらしく、今年(2016年)を振り返るトーク満載でした。まとめるならば年の前半は51本ツアー、後半は増子さんと3人に分かれての活動、そして年末にバンドで集まって「バンドっていいなあ」を実感しながら今日を迎えた、という増子さんの言葉。

会場SEはピーズ。武道館決まりましたもんね。

「舞台ではふと思いついたことを話したり行動に移すことはできず、全て決まっていることを粛々とこなさなければいけないが、バンドの時は好きなことを好きな時に話せるし途中で水も飲める(確かに)、バンドって自由だ!」

「坂さんは首の長い女性に憧れがある」「坂さんは写真を撮るときいつも首を伸ばしている、ついでに頬をへこましている」そうなので、写真をよく見てみてください。そう話している間友康さんは頬をずっとへこませてました。

ひめキュンの話で友康さんの「プレイヤーに徹することができたのは大きかった。怒髪天だとコーラスとかやんなきゃいけないし」に対しては増子さんから「やんなきゃいけないしって自分で作ったんだろ」

「俺たちはお互いに助け合う仲。」「音源が出たりライブをやるときは君らが俺たちを助ける。」「君たちが困ったりつらい目に合っているときは、俺らの曲を聴いてまあまあもうちょっとは頑張れそうかな、と思える程度には助けてあげられる。」増子さんの笑顔には背中を押してくれる不思議な安心感があって、そうそう、まだまだ頑張れるよって思ってしまうのです。

この日一番しみて泣きそうになったのは「宿六小唄」。

今日の事すら出来ない男に どうして明日が見えてこようか
自分の事も出来ない俺に オマエの涙を拭えるハズあるもんか

理由はうまく説明はできないけど。

そしてビックリだったのはアンコールでの「恋人たちのクリスマス」。増子さん自身もびっくりしたとか。「そろそろ年越し、カウントダウンと思ったらさらに日付が巻戻ってる!」

スタートからなんとなく「年越し祭り」というよりも「今年を振り返ろう」「生き方を振り返ろう」的な印象だったのですが、ここでようやく世間と歩調を合わせた(?)祭りっぽい雰囲気に。そして最後は「美学」。この日にふさわしいエンディングだったなーと思います。

物販の方は12月38日Tシャツなど限定っぽいグッズもあったけれど、思わず怒髪印の磯五郎さんをゲット。ところが家に帰ったら年末に買ったばかりの磯五郎さんを発見。しばらくは何にでも七味をふりかけることにします。

The Who【A Quick One (Happy Jack)】

ピロウズのSTROLL AND ROLL TOURで開演前に流れていたアルバムです。

会場に入ると聴こえてきた聞き覚えのある声。これは絶対The Whoに違いない!と確信したものの、半年近くが過ぎたところでようやく発見することができました。2曲目のBoris the Spiderが特に印象的で、STROLL AND ROLL TOURに行った人ならThe Whoを知らなくても聞き覚えがあるはず。

1曲目、Run Run Runはこれからワクワクすることが始まりそうなまさに1曲目!という感じ。6曲目のCobwebs and Strangeはトムとジェリーを連想します。いまどきなぜトムとジェリーかというと、通っている歯医者でちょっと前に集中的に見た、私にとっては懐かしいというよりわりとリアルタイムなアニメだから。そしてBatmanは歌詞が「バットマーン」だけの、「バットマーン」と叫んでいるだけの歌だけどとてもカッコいい、映画のカバー曲。ここで気づいてしまったのですが、もしかしたらバットマン、私は観てないかも。

おまけのボーナストラックにはおなじみMy Generationのライブバージョンが収録されています。このアルバムは私が生まれるよりも前の1966年のリリースです。それでも全然古さを感じないし、昔の録音で気になってしまう音が薄い感じがなく、大満足感な一枚です。聴いているのがReMasterdだからかもしれませんが、何よりもThe Whoが素晴らしいのだと思います。

ついでといっては何ですが、このアルバムをデータで持っているならスピーカーはぜひともBOSEで聴いてほしい!私が今持っているのは

BOSE SoundLink® Mini Bluetooth® speaker II

bluetoothのポータブルスピーカーです。このアルバムにぴったりな、ライブハウスにいるようなドスドス感や音の広がりがみごとに再現してくれます。元々BOSEの音は好きですし、最初に聴いたのがライブハウスだったのでなおさらそう思うのかもしれません。

同じくThe WhoのアルバムでMyGenarationが入っているお気に入りのアルバムはWho’s Better, Who’s Best: This is The Very Best of The Who。また改めて書きたいと思います。

the pillows【テキーラ テキーラとファニーバニー】@長野JUNK BOX

2016.12.18 ピロウズライブ、髭さんとのイベントに行ってきましたよ~

オープニングはOOPARTSツアーを思い出させるDance with God、ビスケットハンマー、バビロン、I know you。OOPATSツアーDVD大好きなのでスタートからワクワクが止まりません。中盤のファニーバニーは若干唐突に感じてしまったけど、今日は「テキーラテキーラとファニーバニー」でした。そういえば前回の髭さんとの対バンイベントの時はぎりぎりまでファニーバニーを入れてなくてしんちゃんの指摘で急きょ追加したなんて話もありましたよね。

チューニング中しーんとしてて、さわおさんから「声かけたら切れると思ってるだろう」と。20年前の、誰もが切れるシーンでキレたのがみんなの想像以上だったというだけで、それが伝説として長年続いているだけなんだと。それからは時々声がかかっていました。

新曲について。今まではうまくいかないことややりきれないことをテーマにしてずっと曲を作ってきたけれど、今は少し気分が変わって努力しても変えられないことに対してちょっと考え方を変えたメッセージにしてみたということです。努力しても変えられないことの例としてはしんちゃんの白髪など…(実際はもう少し話がふくらんだ) イントロのギターをどうしても見たかったのですが残念ながらよく見えず、次回のお楽しみとなりました。

時間の関係からか、いつもよりMCは少な目。そして途中で(Fool on the Planetの後かな)早々にビール飲みながらのライブ。ビールは珍しくスーパードライで宮川さんに持ってきてもらってました。髭さんですっかり水分が失われていたこちらとしては、とても羨ましかったです。

メンバー紹介では何故かみんなボロボロで、有江さんは慌ててるし真鍋さんは噛みまくってました。JUNK BOX17周年記念ライブという名目なのですが有江さんは長野と名古屋を間違えてしまいます。しんちゃんによると、楽屋に長野と名古屋を間違えないようにと張り紙がしてあって、それを見てしまったのが間違いのもとではないだろうか。とすると、名古屋のライブハウスの楽屋にも同じような張り紙があるのが気になると言い出し、なければピロウズが貼ればいいと言ってました。しんちゃんの冷静さに救われ、さわおさんの生ワンワンワーンが聴けたのはお得です。

久しぶりに聞くFool on the Planetはしみじみと。トリップダンサーもいろんなことを思い出しながら。ストロールツアーで本編最後を飾ったロコモーションからWhite Ashへのつながりは最高でしたね。アンコールでは須藤さんを呼んで髭のカバー、そしてアドバイス。よかったです。ピロウズがカバーするのはあまり体験したことがないこともあってとても楽しかったな。

さらに今日はダブルアンコールがありました。2回目のアンコールが終わって帰る人と手拍子を続ける人が混ざる中、みたび登場したメンバー。長野に来るのは来年5月だから、ともう1曲やってくれました。POISON ROCK’N’ROLLでのエンディングはウエケンさんが登場したときの渋谷のクアトロ以来。最後は真鍋さんが前に出てきてくれて、あー最高のライブでした。

髭さんについても。髭さんのライブは2回目で、最初は去年のテキーラテキーラとファニーバニーです。ピロウズのように3曲やってMCタイムかと思いきや曲が続く続くで結構クタクタに。前回は後ろで見ていたこともあってよくわからなかったところが今日は前の方でしっかり堪能させていただきました。

テキーラテキーラの曲紹介(?)のときに、今日はピロウズ先輩がご馳走してくれるからお金を使わない、だからそのあとでもしもみんなが街で僕に会ったら僕がお酒をご馳走してあげるよ。でもそのとき僕がお金を持っていなかったらみんなが僕にご馳走してください。それが友達ってもんだろう? テキーラなんかどうかな…というのを延々と繰り返してました。髭さん、本当に面白かったです。次はぜひともワンマン行きたいのでまた長野に来てください。

以上、まだライブの興奮冷めやらぬ中で書いてみました。

the pillows【STROLL AND ROLL BAND】- LIVE DVD

今日はthe pillowsのシングル発売日ですね。前作STROLL AND ROLLとは全然違う雰囲気のピロウズ。そしてアルバム発売とツアー日程も発表され、春先から夏まで忙しくなりそうです。

発売日からだいぶ経ってしまいましたが前アルバムツアーのライブDVDです。

STROLL AND ROLL TOURには3度の参戦をし、それからだいぶ時が経って忘れてしまっている部分も多々あるとはいえ、一通り見て思ったのは「自分が参加したのとは何もかもが違う!」ということでした。

何もかもとはたとえばステージ上のメンバーの間隔とか、ライティングとか。

考えてみれば私はピロウズのZeppには行ってないし、ピロウズでなくてもZeppには行ったことがないのです。違うのはあたりまえですね。

見ながら思い出したことは…シナーズの歌詞を完全には覚えてなくて、誰も見てないのにばれたら恥ずかしいなとライブ中思ったこと。Calveroの有江さんがツアー終盤の名古屋でもまだ傾いていたこと。傾いていたのは有江さんではなくもちろんベースですが。Zeppではかなり垂直になっていておおっと思いました。有江さんといえばしゃべりが面白いので毎回楽しみでしたね。ほんとはもっといろいろあるのだけど、人それぞれのお楽しみということで略。

さわおさんと有江さんが向き合って弾いているシーンもしっかり収められていて満足です。プラゴダルノストの聞かせるギター、ロコモーションのアグレッシブなギター、真鍋さんは間違いなくいつも素敵です。DVDだといつも全体が映っているわけではないのでライブとDVDはやはり別物。テレビの画面では実際より小さくなっちゃうしね。等身大のピロウズを見ていたい。

というわけで早く次のライブに行きたくてうずうずしております。おまけの特典映像はかなり面白いです。特典映像といえば、地方の小さいライブハウスの映像も見たいのはやまやまなのですが、いろいろと難しそうなので、各地のスナップ写真をスライドにして特典映像に入れてもらえると地方のライブに参加したバスターズも楽しみが倍増するのではないでしょうか。そう思いませんか。