the pillows【STROLL AND ROLL TOUR】@名古屋 DIAMOND HALL

2016.7.18 the pillowsライブ@名古屋 DIAMOND HALLに行ってきました。今ツアー3本目の参戦。

「ひさしぶりじゃないか。今夜はいい夜になるような気がする」

初めて聞いた「いい夜になるような気がする」発言。確かに、開演前の雰囲気が今ツアーの長野、渋谷とは違った感じがしてました。この違いはなんでしょうね、謎です。若い男性客が多かったのかな。

冒頭のさわおさんの言葉にしばし思考をめぐらせていたら、オープニングのデブリが始まって我に返りました。3曲目のシナーズで、あっそうかと思い出し、前回から1カ月ちょっとしか経っていないのに、記憶力の頼りなさに情けなくなります。

OOPARTSツアーのDVDが好きで今もしょっちゅう見返しているので、空中レジスターからターミナル、キムディールはとても嬉しいのです。
「キムディールの歌詞に共感しない人はいないんじゃないの?」

有江さん「昨日名古屋入りして友達(百々さん)の弾き語りに飛び入りしてきました。結局7曲演奏しました」
真鍋さん「私も昨日名古屋入りして隣(アポロベイス)で後輩のライブを見てきました。iPadとタバコを楽屋に忘れて恥ずかしかったです」
シンちゃん「札幌から移動だったのですが、千歳空港の手荷物預かりがすごいことになってました。300人くらい並んでいたからあれに並んでいたら今日のライブに間に合いませんでした。手ぶら最高!」

今ツアーでおじさんたちの宴会芸という位置づけのカルベロ。やはり有江さんのベースは傾いていました。対して中央&右側のお二人の「何でもないよ」という、あるいは勝ち誇ったように見えてしまう表情が素敵です。

さわおさん「ピーズ(の北海道)は?」
シンちゃん「小雨で微妙に困った」
さわおさん「屋外イベントの小雨はテントの中まで入ってくるから困る、ザーッと降る方がマシ」

エターナルトレジャーの紹介で
さわおさん「楽しい曲だからじっくり聴いちゃいけない、歌詞も聴いちゃいけない、演奏を見てもいけない(何で?)。手拍子だけして」

さわおさん「髪を切るのを忘れて家がない感じになってしまった」
メンバーを見ながら「真鍋さん→ホームレス感はない、有江さん→ホームレス感、自分→ホームレス感、シンちゃん→ホームレス」

アイライオットの真鍋さんに寄り添うところというか、触れるところは何度見てもドキドキします。でもこのシーンを見ると、もう中盤まで進んでしまったと切なくもなります。

さわおさん「FLCLの次、決まりました。でもだいぶ先、2018年だからその頃1人いなくなってピロウズ2人かもしれない。小室哲也になってしまう。真鍋君サングラスかけると微妙に木根尚登みたい。有江君は宇都宮隆みたい。」
「ピロウズは3人いることが重要なので、もし2人になってしまったら有江君お願いします。」

ツアー中に新曲が8曲できたという話で
「俺たちせっかちだから広島から帰ってすでに1曲レコーディングした」おおおっ。エターナルトレジャーのように曲にまつわるお話を聞かせていただきたいですね。

「27年もやってると黄金期の曲をやってくれと言われる。」
黄金期…もちろんその頃の曲たちも大好きですが、バスターズは新しい曲だってどんどん聞きたいのです。さわおさん、そんな心配はしないでほしいです。

さっきの真鍋さんのiPad忘れた話をひっぱり、真鍋さんの衝撃的な忘れ物事件「真鍋なのに学ばない」が語られました。ここでは詳細は伏せますが(google先生に聞いてね)、シンちゃんの冴え冴えコメント「俺は手ぶらだから忘れ物はしない」

次のライブ[名古屋・The Birthdayとのイベント]が決まった件。
「フライヤーのアー写がThe Birthdayはカッコいい。ピロウズは(ストロールの)自転車。あれは俺がやりたいって言ったんだけど。この時点で絶対The Birthdayに負けている」

アンコール入場の時
「今度ストロールの自転車で入場しよう。あれどこにも進めないんだぞ。舞台そでで止まったままぐるぐる回っている」

アンコールのあと、さわおさん感極まって話の途中で帰ってしまいました。そんな姿を実際に目撃したのも初めてです。最初の発言通り、この日はやっぱり何かが少し違ったのでしょうか。

ダブルアンコールは曲が変わってました。ライドンとアドバイス。ジャンプでスタートしたライブ、最後はまたジャンプで終わったのですが、こんなに飛びながら見たライブは久しぶりです。
「今日は調子が良かった。喉の調子も良かった。楽しいなー」
さわおさんは残っていた真鍋さんのピックを全部投げてました。

いいライブでした。ファイナルではないけどファイナルのような、お互いに出し切った感がとても強かったです。ライブが終わるといつも「ありがとう」と思うのですが、バンドだけではなく一緒にその場にいたお客さん全員にも「ありがとう」と言いたくなって、近くにいた人に実際に「ありがとう」が言えて嬉しかったのでした。

いつもさわおさんは自分のことを世界一 or 日本一チューニングが遅い男と言いますが、このツアーの長野のときに「チューニングが早い」と思ったのです。もう終わったの? もう曲に行くの?という感じで。でも、それはその日だけだったのかもしれません。渋谷でも名古屋でも「日本一遅い」って聞きましたから。早くても遅くても、どっちでもいいのです。いい曲が聴けるのだから。

ストロールツアーは来週のZeppでいよいよファイナルを迎えますね。私はこのダイアモンドホールが最後です。ZeppのレポートとDVD、そしてどこかでライブに参加できる日を心待ちにしながら日常に戻ります。それではまた。

 

怒髪天【 TOUR2016 ジャパニーズ中年隊】@甲府 CONVICTION

2016.6.5 怒髪天ライブ@甲府 CONVICTIONに行ってきました。
今ツアー2本目の参戦。

☆ネタバレありますのでご注意ください。

オープニングからジャンプで飛ばす飛ばす!増子さんは赤シャツで登場。クシは大きな弧を描いてかなり後方へ。ステージの4人はニコニコとても楽しそう。あ、坂さんだけは大変そうでしたが。

続いて「あソレ!グッといけ~」が一緒に歌いたくてこの日を心待ちにしていた酒燃料爆進曲。サビの終わりはもちろん「甲府の空~♪」。NINKYO-BEATのときの増子さんのパワーはものすごくて(何がどうとか説明できないけどそこにいればわかるよね)しびれました。大人の男ってカッコいい! 倒れそうになる。

セイノワ

強く大きな声は正しく聞こえ 美しく勇ましげに響くが

 

の最後の「が」。普段聴いている時にはあまり気に留めていなかったのですが、この日のライブはこの「が」がとても重く響き、そうだったのか! と気づかされた感じです。何に気づくかはリリースメモにもあったように各自の解釈で良いと思いますが、とにかくそうだったのか! なのです。

そして鰯ヘッドを合唱し、雪割り桜ではまたも涙が浮かび、泣いたり笑ったり忙しいです。鰯ヘッドは怒髪兄さんからの最高のメッセージだと思います。五十乃花の中で一番好きかもしれない。10代、20代の若い人はどんな気持ちで聴くのでしょうか。

途中途中で楽しいトーク(あえてトークと言わせていただく)を挟みつつ駆け抜けた2時間。歌劇派人生ではお客さんからいただいたという宝塚で使うサーベルみたいなものを振りかざしながら華麗に舞う踊る舞う踊る。。。後で調べたらサーベルみたいなものはシャンシャンという小物のようです。LEDがついてて光ります。雰囲気がね、これ以上のものはないというくらい曲にぴったりなのです。そしてみんなとの約束「生きてまた会おう!」でステージ袖へ下がっていった増子さんは吹けば倒れてしまいそうな様子。今回もたくさんのものをありがとう! です。

MCあれこれ

  • 古い曲もやるけど、俺たちの曲は簡単だから1番をなんとなく周りに合わせて聞いてくれれば2番からは盛り上がれるから。← はい、1回聞けば大丈夫です。
  • 知らない曲ばかりでも一緒に歌えなくてもいいんだよ、しっかり顔を見て聞いてくれれば。俺たちが渡すものをしっかり受け取ってほしい。
  • 焼け木杭のとき:俺たちのホームはあの非常口まで(フロアのこと)。それより向こうはアウェイ。これは去って行った人の歌。何で今ここにいる人に向けて歌うかというと釘を刺すため。あのときお前ホームにいただろうと。悲しい思いをたくさんしてきた4人からの歌です。
  • シミさんのお城訪問はもちろん甲府城。← 遠かったとおっしゃってましたがライブハウスから歩いたら1時間かかるのでは。一番上まで上がると眺めがよくて大好きなところです。
  • 前日は高崎でライブ:2日連続は2日目の方が調子がいい、明日のこと考えなくていいから。シミさんの自分のジャンプが低い発言に増子さんがそれお城行ったからじゃない?とつっこんだがそれはない、それはない、お城行けてテンション上がってるから大丈夫と。
  • ツアー中に50歳になった。それ以来あとの3人がまだ40代なことをやたら強調するようになった。← 隣で何度も頷いてる王子がナイスでした。

甲府 CONVICTION

何度も前の通りは通っているのにここにライブハウスがあることは今回初めて知りました。フロアの幅は松本アレックスと同じくらいかな。奥行きは幾分小さ目です。

向かいのマクドナルドでは当日ライブの半券でセット30%OFFになります。

2016060901

それではまた。

 

the pillows【STROLL AND ROLL TOUR】@渋谷 TSUTAYA O-EAST

2016.6.4 the pillowsライブ@渋谷 TSUTAYA O-EASTに行ってきました。今ツアー2本目の参戦。


今回はセットリストがいろいろと変更になってました。わりと早い段階でエターナル トレジャー。最初のあれ? でした。そして次のあれ? はアイライオットやってないのにロコモーション来て本編終わっちゃったよ。と思っていたらアンコールに取ってあったんですね。 というのも。

アンコールになんとウエケンさん登場。なんでもキャンペーン中に北海道で一緒に飲む機会があり、どこかで弾いてよという話になっていたそうです。いやー、びっくりです。ウエケンさん登場でステージ上がぴりっとしまった感がしました。

アルバムでウエケンさんが参加したアイライオット、エリオットの悲劇。そしてサリバン。アイライオットではさわおさん「手を上げろ!」のところでお客さんとハイタッチ。左右2か所でやってくれました。

ウエケンさんのサリバン。貴重なものが聴けてとても嬉しかったです。もしかしてアンコールの間みんな左ばかり見ていたのでは?というほど半端ない盛り上がり。

ballカルベロ

有江さんまだまだ辛そうでした。カルベロみんな好きだなあっとさわおさん。

ball真鍋さんソロのとき

真鍋さん側にいたこともあってどの曲もうっとり見入っていたのですが、ふと左側に視線を向けるとさわおさんと有江さんが向かい合って弾いている場面多し。いい感じです。ダブルアンコールでは真鍋さんも前に出てギターを触らせてくれましたよ。

ballアイライオット

インタビューで「ハンドマイクで歌いたい」とは読んでいたけれど、アルバムを聞いた時にはライブでこんな盛り上がり方をする曲になるとは想像がつかなかったです。今ツアーで楽しみな曲のひとつ。

MCあれこれ

ball有江さん

O-EASTにはまだ慣れてなくて楽屋への行き方がわからない。エレベーターに乗ったはいいが階がわからず全部のボタン押した。←会場大爆笑

ballシンちゃん

O-EASTは楽屋とステージの階段の上り下りが嫌なので10分前にはステージの袖でスタンバイしていたら、写真撮るからと(ツイッター用?)呼ばれて仕方なくまた階段を上って写真撮影。そうしたらアライさんに今日衣装それですか?と聞かれてハッとした。家から着てきた怒髪天のTシャツのままだった。

ballさわおさん

  • 迷惑メールの話をしているとき、真鍋さんがさわおさんににじり寄っていくのが見ていておかしかったです。さわおさん「なんで近寄ってくるんだよっ マイクそっちだろ」
  • 真鍋さんのTシャツは今日も500円の。でも最近高い衣装をさわおさんが選んだそうです。横で大きくうなずく真鍋さん。

ああ、楽しい一夜でした。ありがとうございました。

 

the pillows【STROLL AND ROLL TOUR】@長野 CLUB JUNK BOX

2016.5.8 the pillowsライブ@長野CLUB JUNK BOXに行ってきました。

Lostmanツアーから早5か月。「ここへきてメンバーが仲良しになった」とのことで今までとは何か違うのかな? とても楽しみでした。

MCは順不同、覚えてる限りです。

 

メンバー入場時、歓声のみで声かけがなくさわおさん「呼んでいいんだぞ」そしたら有江さんからのコールが。「さわおさーん」「さ・わ・おー」

オープニングはアルバム1曲目でもある『デブリ』。曲に入る前にさわおさんが恐ろしげな表情をしたのでPVの骸骨のイメージだと思ったのですが実際はどうだったのでしょう。続いて『ロックンロールと太陽』。アルバムではのんびりほんわかと感じた曲が、ずいぶん印象が変わってました。

新旧の楽曲を織り交ぜ進んでいく中で『レジスター』→『 ターミナル 』の流れが素敵過ぎ。既視感があり調べたら過去この曲順はなかったようです。おかしいな。

 

有江さん 「美味しいお蕎麦の長野に来るのにうっかり東京で食べてしまった。」
シンイチロウさん 「この前長野に来たのは一年半前の山中君の誕生日。北陸新幹線の関係で長野駅がすっかり変わっていてびっくり。」
真鍋さん 「長野に来るのはもうすっかり普通、日常のことなので長野駅が変わっていても何の違和感も感じなかった。」

有江さん 「普通に練習してきたんですけどこれはこうやって( Calveroスタイル)演奏するんだって言われてムリーっと思った」← 『Calvero』のあと

さわおさん 「知ってる人が多くてびっくり。これはThank you, my twilight TOURの途中(以降?)から演奏しなくなった。当時のモニターで低音が拾えなくて心が折れてそれ以来。」←『Come on, ghost』のあと

『Come on, ghost』はハンドマイクで客を煽る煽る。次の『I RIOT』もハンドマイクで。ハンドマイクといえば『TOY DOLL』の色っぽいさわおさんですが今回も真鍋さんに寄り添うシーンにドキドキ。最後は『ABOUT』から『Locomotion』まで畳み掛けるような勢いで本編終了。『Locomotion』は相当アグレッシブ。

ダブルアンコールにて

ツアーや撮影時の衣装はさわおさんが通販で選ぶそうで「シンちゃん用にはボウリングシャツのようなものが似合いそうと思って注文するのだが18,000円くらいする。真鍋君のは500円、本当は値段を逆にしたいのに。ボウリングシャツは安くていいのがないんだよな。」

似合うようにとわざわざ高いのを選んでるのに、シンイチロウさんはアラバキのピーズで全然似合わないカラーゲ屋の黄色いTシャツを着ていてさわおさんの苦労がだいなしという話で大笑い。有江さんなんて指さして笑ってるし。いじられているシンイチロウさんはとても嬉しそうでした。

そしてJUNK BOXに置いてある大木兄弟のチラシの話題。
シンイチロウさん 「はるの方にカッコしてトモフスキーと書いてある。」
さわおさん 「テレビなんかでよく名前を山中わさお(!)と間違われるが困るのは間違えたアナウンサーだから自分は気にせずスルーする。」
シンイチロウさん 「大木兄弟も全然怒らないと思うよ。でも普通に考えたら『知之』がトモフスキーとわかりそうなのになんでそこで間違えたんだろう。」

↓これ

2016051001

全体としてはアルバムと同じく心軽やかに音楽を楽しむ!といった印象のライブでした。たとえば『ムーンダスト』のようなぐっとくる重めの楽曲は少なめ。アルバムツアーだから当たり前と言えばそうなんだけど。

今回のポジションは相当に前方でメンバーの手元や足元までばっちり見ることができ、真鍋さんのギターもいつも以上に満喫させていただきました。改めてライブはキャッチボールだと強く感じた次第。

会場限定シングル

3曲目『エターナル トレジャー』。初めて訪れた宮崎のことを歌にしたとMCがありましたが家に帰ってもう一度聴いたらかなり…感動ものです。次はみんなで一緒に歌いたい、そんな風に思います。

2016051002

前日出かけたライブハウスがあまりにも暑かったので薄着で行ったら開演前のフロアは震えるほど寒く、うっかり上着を脱ぐタイミングを逃したままライブが始まって大変でした。それではまた。

 

怒髪天【 TOUR2016 ジャパニーズ中年隊】@松本 ALECX

2016.5.7 怒髪天ライブ@松本ALECXに行ってきました。

☆ネタバレありますのでご注意ください。

松本でのライブは10年振りくらいだそうです。増子さん「前回来たときは40代だった。もしかしたら30代だった。」始まってみればお久しぶり感など全くなく、みんながひとつになった本当に熱く暑い一夜でした。

松本ALECXはキャパ300人くらいがほぼいっぱい。男性が多くて年齢層も高め。開演前何度も詰めて下さ〜いの声がかかってました。増子さんは熱く、友康さんとシミさんは終始笑顔でホントに楽しそう。坂詰さんは残念なことにお姿を拝見できず…。

MCは順不同、覚えてる限りです。

「秋田から8時間かけて運転してきて、あと3時間はさすがにムリということでいったん家に帰った。」えーっという声に「たまには家に帰らせろ。家賃払ってるんだし。洗濯しなきゃなんないし。」

シミさんは松本城に出かけて天守閣にも登ったそうです。
「最近はどこのお城も甲冑着た人がいて嬉しい。時間がなくて一緒に写真を撮れなかったのが心残り。」

これを受けて増子さんのマイ甲冑が欲しい話へ。「本物は重いからFRPがいい。」
シミさんを見ながら「モヒカンみたいな兜あるよね。毛がついた兜とか変な派手なのをかぶりたい。変な武将は敵に関わりたくないと思われて戦いで有利なんじゃないか。友康はギターのついた兜をかぶればいい。ギター侍。」客、リアクションに困る。増子さん「…残念」

「長くやっているから嫌なことも辛いこともたくさんあった。時が経つと同じ出来事に直面しても感じ方、捉え方が変わってくる。」の流れから『明日への扉』(間違えてたらスミマセン)。

「松本は山が美しくて空気がきれいで住みやすそう。空気がきれいだから精密機械の工場があるらしい。」
「だけどここにいる奴らには全然関係なさそう。空気が悪く埃っぽいところ – ライブハウス – に集まって来るのだから。」

『可燃モノ』を聴きながら、ふと辛いことばかりの人生だろうが、逆に恵まれたハッピーな一生を終えようが、人は最後は消えてなくなってしまうんだよなと思った。だからその瞬間瞬間で自分にとって大切なものを選びながら生きていきたい。

「昔はパンクだった。奴らを倒せとか、今考えれば奴らって誰だよ。これからはもっと具体的に気に入らないものに対して立ち向かっていく。」からの『せかいをてきに…』。

『雪割り桜』を合唱しながら涙が出そうになった。なんだろう。この涙は。そのままのテンションで『セイノワ』。ライブの熱はピークに。

アンコールで増子さん。
「俺が手渡せるのは今ここにいるみんなぐらいが限界だ。だから今ここにいない人にはみんなから手渡してくれ。」

もっと前に来るように呼びかけられ、お客さんさらにいっそう前へ圧縮。お客さんの顔が見たいからとフロア(客席)の照明をつけたままで『歩きつづけるかぎり』を演奏。

「パワーをもらいました、元気をもらいましたというメッセージをよく受け取るけど自分たちもお客さんからたくさんパワーをもらってる。」

ラストは増子さんとシミさんがダイブ。「生きてまた会おう。必ずまた会いに来るから!」とステージから去って行きました。

ものすごい大きなものを渡された気がして終演後もしばらくぼーっとしてしまいました。そして外へ出たら汗が冷えて寒さに震えました。今時期はまだ着替えが必須ですね。そうそう、ドリンクチケットはソフトドリンクなら2杯飲むことができましたよ。