the pillows【テキーラ テキーラとファニーバニー】@長野JUNK BOX

2016.12.18 ピロウズライブ、髭さんとのイベントに行ってきましたよ~

オープニングはOOPARTSツアーを思い出させるDance with God、ビスケットハンマー、バビロン、I know you。OOPATSツアーDVD大好きなのでスタートからワクワクが止まりません。中盤のファニーバニーは若干唐突に感じてしまったけど、今日は「テキーラテキーラとファニーバニー」でした。そういえば前回の髭さんとの対バンイベントの時はぎりぎりまでファニーバニーを入れてなくてしんちゃんの指摘で急きょ追加したなんて話もありましたよね。

チューニング中しーんとしてて、さわおさんから「声かけたら切れると思ってるだろう」と。20年前の、誰もが切れるシーンでキレたのがみんなの想像以上だったというだけで、それが伝説として長年続いているだけなんだと。それからは時々声がかかっていました。

新曲について。今まではうまくいかないことややりきれないことをテーマにしてずっと曲を作ってきたけれど、今は少し気分が変わって努力しても変えられないことに対してちょっと考え方を変えたメッセージにしてみたということです。努力しても変えられないことの例としてはしんちゃんの白髪など…(実際はもう少し話がふくらんだ) イントロのギターをどうしても見たかったのですが残念ながらよく見えず、次回のお楽しみとなりました。

時間の関係からか、いつもよりMCは少な目。そして途中で(Fool on the Planetの後かな)早々にビール飲みながらのライブ。ビールは珍しくスーパードライで宮川さんに持ってきてもらってました。髭さんですっかり水分が失われていたこちらとしては、とても羨ましかったです。

メンバー紹介では何故かみんなボロボロで、有江さんは慌ててるし真鍋さんは噛みまくってました。JUNK BOX17周年記念ライブという名目なのですが有江さんは長野と名古屋を間違えてしまいます。しんちゃんによると、楽屋に長野と名古屋を間違えないようにと張り紙がしてあって、それを見てしまったのが間違いのもとではないだろうか。とすると、名古屋のライブハウスの楽屋にも同じような張り紙があるのが気になると言い出し、なければピロウズが貼ればいいと言ってました。しんちゃんの冷静さに救われ、さわおさんの生ワンワンワーンが聴けたのはお得です。

久しぶりに聞くFool on the Planetはしみじみと。トリップダンサーもいろんなことを思い出しながら。ストロールツアーで本編最後を飾ったロコモーションからWhite Ashへのつながりは最高でしたね。アンコールでは須藤さんを呼んで髭のカバー、そしてアドバイス。よかったです。ピロウズがカバーするのはあまり体験したことがないこともあってとても楽しかったな。

さらに今日はダブルアンコールがありました。2回目のアンコールが終わって帰る人と手拍子を続ける人が混ざる中、みたび登場したメンバー。長野に来るのは来年5月だから、ともう1曲やってくれました。POISON ROCK’N’ROLLでのエンディングはウエケンさんが登場したときの渋谷のクアトロ以来。最後は真鍋さんが前に出てきてくれて、あー最高のライブでした。

髭さんについても。髭さんのライブは2回目で、最初は去年のテキーラテキーラとファニーバニーです。ピロウズのように3曲やってMCタイムかと思いきや曲が続く続くで結構クタクタに。前回は後ろで見ていたこともあってよくわからなかったところが今日は前の方でしっかり堪能させていただきました。

テキーラテキーラの曲紹介(?)のときに、今日はピロウズ先輩がご馳走してくれるからお金を使わない、だからそのあとでもしもみんなが街で僕に会ったら僕がお酒をご馳走してあげるよ。でもそのとき僕がお金を持っていなかったらみんなが僕にご馳走してください。それが友達ってもんだろう? テキーラなんかどうかな…というのを延々と繰り返してました。髭さん、本当に面白かったです。次はぜひともワンマン行きたいのでまた長野に来てください。

以上、まだライブの興奮冷めやらぬ中で書いてみました。

the pillows【STROLL AND ROLL BAND】- LIVE DVD

今日はthe pillowsのシングル発売日ですね。前作STROLL AND ROLLとは全然違う雰囲気のピロウズ。そしてアルバム発売とツアー日程も発表され、春先から夏まで忙しくなりそうです。

発売日からだいぶ経ってしまいましたが前アルバムツアーのライブDVDです。

STROLL AND ROLL TOURには3度の参戦をし、それからだいぶ時が経って忘れてしまっている部分も多々あるとはいえ、一通り見て思ったのは「自分が参加したのとは何もかもが違う!」ということでした。

何もかもとはたとえばステージ上のメンバーの間隔とか、ライティングとか。

考えてみれば私はピロウズのZeppには行ってないし、ピロウズでなくてもZeppには行ったことがないのです。違うのはあたりまえですね。

見ながら思い出したことは…シナーズの歌詞を完全には覚えてなくて、誰も見てないのにばれたら恥ずかしいなとライブ中思ったこと。Calveroの有江さんがツアー終盤の名古屋でもまだ傾いていたこと。傾いていたのは有江さんではなくもちろんベースですが。Zeppではかなり垂直になっていておおっと思いました。有江さんといえばしゃべりが面白いので毎回楽しみでしたね。ほんとはもっといろいろあるのだけど、人それぞれのお楽しみということで略。

さわおさんと有江さんが向き合って弾いているシーンもしっかり収められていて満足です。プラゴダルノストの聞かせるギター、ロコモーションのアグレッシブなギター、真鍋さんは間違いなくいつも素敵です。DVDだといつも全体が映っているわけではないのでライブとDVDはやはり別物。テレビの画面では実際より小さくなっちゃうしね。等身大のピロウズを見ていたい。

というわけで早く次のライブに行きたくてうずうずしております。おまけの特典映像はかなり面白いです。特典映像といえば、地方の小さいライブハウスの映像も見たいのはやまやまなのですが、いろいろと難しそうなので、各地のスナップ写真をスライドにして特典映像に入れてもらえると地方のライブに参加したバスターズも楽しみが倍増するのではないでしょうか。そう思いませんか。

the pillows【STROLL AND ROLL TOUR】@名古屋 DIAMOND HALL

2016.7.18 the pillowsライブ@名古屋 DIAMOND HALLに行ってきました。今ツアー3本目の参戦。

「ひさしぶりじゃないか。今夜はいい夜になるような気がする」

初めて聞いた「いい夜になるような気がする」発言。確かに、開演前の雰囲気が今ツアーの長野、渋谷とは違った感じがしてました。この違いはなんでしょうね、謎です。若い男性客が多かったのかな。

冒頭のさわおさんの言葉にしばし思考をめぐらせていたら、オープニングのデブリが始まって我に返りました。3曲目のシナーズで、あっそうかと思い出し、前回から1カ月ちょっとしか経っていないのに、記憶力の頼りなさに情けなくなります。

OOPARTSツアーのDVDが好きで今もしょっちゅう見返しているので、空中レジスターからターミナル、キムディールはとても嬉しいのです。
「キムディールの歌詞に共感しない人はいないんじゃないの?」

有江さん「昨日名古屋入りして友達(百々さん)の弾き語りに飛び入りしてきました。結局7曲演奏しました」
真鍋さん「私も昨日名古屋入りして隣(アポロベイス)で後輩のライブを見てきました。iPadとタバコを楽屋に忘れて恥ずかしかったです」
シンちゃん「札幌から移動だったのですが、千歳空港の手荷物預かりがすごいことになってました。300人くらい並んでいたからあれに並んでいたら今日のライブに間に合いませんでした。手ぶら最高!」

今ツアーでおじさんたちの宴会芸という位置づけのカルベロ。やはり有江さんのベースは傾いていました。対して中央&右側のお二人の「何でもないよ」という、あるいは勝ち誇ったように見えてしまう表情が素敵です。

さわおさん「ピーズ(の北海道)は?」
シンちゃん「小雨で微妙に困った」
さわおさん「屋外イベントの小雨はテントの中まで入ってくるから困る、ザーッと降る方がマシ」

エターナルトレジャーの紹介で
さわおさん「楽しい曲だからじっくり聴いちゃいけない、歌詞も聴いちゃいけない、演奏を見てもいけない(何で?)。手拍子だけして」

さわおさん「髪を切るのを忘れて家がない感じになってしまった」
メンバーを見ながら「真鍋さん→ホームレス感はない、有江さん→ホームレス感、自分→ホームレス感、シンちゃん→ホームレス」

アイライオットの真鍋さんに寄り添うところというか、触れるところは何度見てもドキドキします。でもこのシーンを見ると、もう中盤まで進んでしまったと切なくもなります。

さわおさん「FLCLの次、決まりました。でもだいぶ先、2018年だからその頃1人いなくなってピロウズ2人かもしれない。小室哲也になってしまう。真鍋君サングラスかけると微妙に木根尚登みたい。有江君は宇都宮隆みたい。」
「ピロウズは3人いることが重要なので、もし2人になってしまったら有江君お願いします。」

ツアー中に新曲が8曲できたという話で
「俺たちせっかちだから広島から帰ってすでに1曲レコーディングした」おおおっ。エターナルトレジャーのように曲にまつわるお話を聞かせていただきたいですね。

「27年もやってると黄金期の曲をやってくれと言われる。」
黄金期…もちろんその頃の曲たちも大好きですが、バスターズは新しい曲だってどんどん聞きたいのです。さわおさん、そんな心配はしないでほしいです。

さっきの真鍋さんのiPad忘れた話をひっぱり、真鍋さんの衝撃的な忘れ物事件「真鍋なのに学ばない」が語られました。ここでは詳細は伏せますが(google先生に聞いてね)、シンちゃんの冴え冴えコメント「俺は手ぶらだから忘れ物はしない」

次のライブ[名古屋・The Birthdayとのイベント]が決まった件。
「フライヤーのアー写がThe Birthdayはカッコいい。ピロウズは(ストロールの)自転車。あれは俺がやりたいって言ったんだけど。この時点で絶対The Birthdayに負けている」

アンコール入場の時
「今度ストロールの自転車で入場しよう。あれどこにも進めないんだぞ。舞台そでで止まったままぐるぐる回っている」

アンコールのあと、さわおさん感極まって話の途中で帰ってしまいました。そんな姿を実際に目撃したのも初めてです。最初の発言通り、この日はやっぱり何かが少し違ったのでしょうか。

ダブルアンコールは曲が変わってました。ライドンとアドバイス。ジャンプでスタートしたライブ、最後はまたジャンプで終わったのですが、こんなに飛びながら見たライブは久しぶりです。
「今日は調子が良かった。喉の調子も良かった。楽しいなー」
さわおさんは残っていた真鍋さんのピックを全部投げてました。

いいライブでした。ファイナルではないけどファイナルのような、お互いに出し切った感がとても強かったです。ライブが終わるといつも「ありがとう」と思うのですが、バンドだけではなく一緒にその場にいたお客さん全員にも「ありがとう」と言いたくなって、近くにいた人に実際に「ありがとう」が言えて嬉しかったのでした。

いつもさわおさんは自分のことを世界一 or 日本一チューニングが遅い男と言いますが、このツアーの長野のときに「チューニングが早い」と思ったのです。もう終わったの? もう曲に行くの?という感じで。でも、それはその日だけだったのかもしれません。渋谷でも名古屋でも「日本一遅い」って聞きましたから。早くても遅くても、どっちでもいいのです。いい曲が聴けるのだから。

ストロールツアーは来週のZeppでいよいよファイナルを迎えますね。私はこのダイアモンドホールが最後です。ZeppのレポートとDVD、そしてどこかでライブに参加できる日を心待ちにしながら日常に戻ります。それではまた。

 

怒髪天【 TOUR2016 ジャパニーズ中年隊】@甲府 CONVICTION

2016.6.5 怒髪天ライブ@甲府 CONVICTIONに行ってきました。
今ツアー2本目の参戦。

☆ネタバレありますのでご注意ください。

オープニングからジャンプで飛ばす飛ばす!増子さんは赤シャツで登場。クシは大きな弧を描いてかなり後方へ。ステージの4人はニコニコとても楽しそう。あ、坂さんだけは大変そうでしたが。

続いて「あソレ!グッといけ~」が一緒に歌いたくてこの日を心待ちにしていた酒燃料爆進曲。サビの終わりはもちろん「甲府の空~♪」。NINKYO-BEATのときの増子さんのパワーはものすごくて(何がどうとか説明できないけどそこにいればわかるよね)しびれました。大人の男ってカッコいい! 倒れそうになる。

セイノワ

強く大きな声は正しく聞こえ 美しく勇ましげに響くが

 

の最後の「が」。普段聴いている時にはあまり気に留めていなかったのですが、この日のライブはこの「が」がとても重く響き、そうだったのか! と気づかされた感じです。何に気づくかはリリースメモにもあったように各自の解釈で良いと思いますが、とにかくそうだったのか! なのです。

そして鰯ヘッドを合唱し、雪割り桜ではまたも涙が浮かび、泣いたり笑ったり忙しいです。鰯ヘッドは怒髪兄さんからの最高のメッセージだと思います。五十乃花の中で一番好きかもしれない。10代、20代の若い人はどんな気持ちで聴くのでしょうか。

途中途中で楽しいトーク(あえてトークと言わせていただく)を挟みつつ駆け抜けた2時間。歌劇派人生ではお客さんからいただいたという宝塚で使うサーベルみたいなものを振りかざしながら華麗に舞う踊る舞う踊る。。。後で調べたらサーベルみたいなものはシャンシャンという小物のようです。LEDがついてて光ります。雰囲気がね、これ以上のものはないというくらい曲にぴったりなのです。そしてみんなとの約束「生きてまた会おう!」でステージ袖へ下がっていった増子さんは吹けば倒れてしまいそうな様子。今回もたくさんのものをありがとう! です。

MCあれこれ

  • 古い曲もやるけど、俺たちの曲は簡単だから1番をなんとなく周りに合わせて聞いてくれれば2番からは盛り上がれるから。← はい、1回聞けば大丈夫です。
  • 知らない曲ばかりでも一緒に歌えなくてもいいんだよ、しっかり顔を見て聞いてくれれば。俺たちが渡すものをしっかり受け取ってほしい。
  • 焼け木杭のとき:俺たちのホームはあの非常口まで(フロアのこと)。それより向こうはアウェイ。これは去って行った人の歌。何で今ここにいる人に向けて歌うかというと釘を刺すため。あのときお前ホームにいただろうと。悲しい思いをたくさんしてきた4人からの歌です。
  • シミさんのお城訪問はもちろん甲府城。← 遠かったとおっしゃってましたがライブハウスから歩いたら1時間かかるのでは。一番上まで上がると眺めがよくて大好きなところです。
  • 前日は高崎でライブ:2日連続は2日目の方が調子がいい、明日のこと考えなくていいから。シミさんの自分のジャンプが低い発言に増子さんがそれお城行ったからじゃない?とつっこんだがそれはない、それはない、お城行けてテンション上がってるから大丈夫と。
  • ツアー中に50歳になった。それ以来あとの3人がまだ40代なことをやたら強調するようになった。← 隣で何度も頷いてる王子がナイスでした。

甲府 CONVICTION

何度も前の通りは通っているのにここにライブハウスがあることは今回初めて知りました。フロアの幅は松本アレックスと同じくらいかな。奥行きは幾分小さ目です。

向かいのマクドナルドでは当日ライブの半券でセット30%OFFになります。

2016060901

それではまた。

 

the pillows【STROLL AND ROLL TOUR】@渋谷 TSUTAYA O-EAST

2016.6.4 the pillowsライブ@渋谷 TSUTAYA O-EASTに行ってきました。今ツアー2本目の参戦。


今回はセットリストがいろいろと変更になってました。わりと早い段階でエターナル トレジャー。最初のあれ? でした。そして次のあれ? はアイライオットやってないのにロコモーション来て本編終わっちゃったよ。と思っていたらアンコールに取ってあったんですね。 というのも。

アンコールになんとウエケンさん登場。なんでもキャンペーン中に北海道で一緒に飲む機会があり、どこかで弾いてよという話になっていたそうです。いやー、びっくりです。ウエケンさん登場でステージ上がぴりっとしまった感がしました。

アルバムでウエケンさんが参加したアイライオット、エリオットの悲劇。そしてサリバン。アイライオットではさわおさん「手を上げろ!」のところでお客さんとハイタッチ。左右2か所でやってくれました。

ウエケンさんのサリバン。貴重なものが聴けてとても嬉しかったです。もしかしてアンコールの間みんな左ばかり見ていたのでは?というほど半端ない盛り上がり。

ballカルベロ

有江さんまだまだ辛そうでした。カルベロみんな好きだなあっとさわおさん。

ball真鍋さんソロのとき

真鍋さん側にいたこともあってどの曲もうっとり見入っていたのですが、ふと左側に視線を向けるとさわおさんと有江さんが向かい合って弾いている場面多し。いい感じです。ダブルアンコールでは真鍋さんも前に出てギターを触らせてくれましたよ。

ballアイライオット

インタビューで「ハンドマイクで歌いたい」とは読んでいたけれど、アルバムを聞いた時にはライブでこんな盛り上がり方をする曲になるとは想像がつかなかったです。今ツアーで楽しみな曲のひとつ。

MCあれこれ

ball有江さん

O-EASTにはまだ慣れてなくて楽屋への行き方がわからない。エレベーターに乗ったはいいが階がわからず全部のボタン押した。←会場大爆笑

ballシンちゃん

O-EASTは楽屋とステージの階段の上り下りが嫌なので10分前にはステージの袖でスタンバイしていたら、写真撮るからと(ツイッター用?)呼ばれて仕方なくまた階段を上って写真撮影。そうしたらアライさんに今日衣装それですか?と聞かれてハッとした。家から着てきた怒髪天のTシャツのままだった。

ballさわおさん

  • 迷惑メールの話をしているとき、真鍋さんがさわおさんににじり寄っていくのが見ていておかしかったです。さわおさん「なんで近寄ってくるんだよっ マイクそっちだろ」
  • 真鍋さんのTシャツは今日も500円の。でも最近高い衣装をさわおさんが選んだそうです。横で大きくうなずく真鍋さん。

ああ、楽しい一夜でした。ありがとうございました。