the pillows【STROLL AND ROLL】[ Tシャツ付き]届きました

本日発売the pillowsの20枚め(!)のアルバム『STROLL AND ROLL』が届きました。敬意を表して姿勢正しく一巡じっくり聴きましたよ。

☆STROLL AND ROLL TOURのライブレポートはこちら
the pillows『STROLL AND ROLL TOUR』@長野CLUB JUNK BOX
☆☆☆

「ロックンロールかUKっぽいもの」という感じ、インタビューで何度となく目にしていましたが全くその通りでした。いつかのライブMCで言ってた「絶対いい曲作るんだろうな、絶対気に入ってくれるんだろうな」そのままです。

とりいそぎ一巡したところでの印象は

ballM-1 デブリ
絶対ライブの1曲めでしょう。もうその絵が見える。
ballM-2 カッコーの巣の下で
歌詞を見ながら聞こう。さわおワールド全開です。コメントを思い出すとさらに。
ballM-3 I RIOT
今日はこれが好き。サビのところが特に。
ballM-4 ロックンロールと太陽 と M-8 レディオテレグラフィー
歌詞にもあるとおり『ノスタルジック』な印象。かつてこんな感じの曲が流行った時代があったという意味で。

moondustツアーの時はライブの曲順がなかなか定まらなかったそうですが、このアルバムは定番曲とのなじみがよさそう。繰り返すうちにまたあれこれ思うのでしょうけど、もったいないのでしばらくは落ち着いて味わいながら聴くつもりです。さわおさん、アルバム出すたびに声と歌がよくなってませんか?惚れ惚れします。

限定生産Tシャツ

BUSTERS SHOPの限定Tシャツ、背中に剣のマーク。バスター君のこの姿を見ちゃったら迷わないでしょう。サイズは販売サイトの説明通り、いつものTシャツよりひとまわり小さ目でした。

2016040502

あと、初回生産版おまけステッカー。

2016040503

リリースがあるとメディアへの露出が増えて毎日楽しいです。そんなこんなでツアーまでいよいよ1か月ですね。

☆the pillows 巻頭20ページ!☆

☆初回限定生産盤(CD+DVD)☆

the pillows【Tour 2015 Lostman Go To City】@渋谷 クラブクアトロ

フライヤーはmoondust tour ZEPP TOKYOのTOY DOLL(たぶん)。

2015.12.8 今年のファイナルライブはthe pillowsマニアックツアー!渋谷参戦記録です。

IMG_2035

後からさわおさんMCでおおっと思ったのですがなるほどのBusters忘年会。昨年のムーンダストツアーは年が明けてからもまだ続いていたのでそんなことは全然考えなかったな~。ちょうど今頃が赤坂でクリスマスの電飾フライングV!にびっくりしたのがもう1年も前だなんて。今回はクリスマス感は全然なく、お誕生日がテーマ(でもないか)。そういえば赤坂でもお誕生日メールの話してましたね。

開演時のポジションでは何気に柱に阻まれ視界には真鍋さんの艶姿のみ。背が高くないので中途半端なポジションなら下がったほうが見やすいことから前に行けない時は大抵後方1段上にいるのですなかなか難しい。バンドを見に来たのだから全員のプレイ姿が見たいですよね、やっぱり。

昨日は最近のいくつかのライブの中で一番声が良かったように思います。音響が良かったのかもです。そんな素敵な声で(姿は見えずとも)懐かしい曲たちが聴けて本当に幸せな時間でした。NO SELF CONTROLやWhite Ashは当時私の中に強烈なインパクトを残してくれた大切な曲で、NO SELF CONTROLは歌詞も曲も大好きなのですが、ギターソロのところがまた何とも言えない素敵なメロディだと思っていて、それを最新の声と演奏で聴くことができて涙が出るほど嬉しかったです。

さらに事前にセットリストを見ていたので期待していたプロポーズとSplit emotion。Split emotionはCDに近い、わりとドライな音で聴けてテンション上がってました。新曲(カッコーの巣の下で)も歌詞を見ながらもう一度聴きたいです。

このまま淡々と進んでいくのかと思ったらまさかのムーンマーガレットリトライ。これだからライブはやめられない~という瞬間です。そして微妙に人の流れに動きがありアンコール以降さわおさんもシンイチロウさんも視界に登場してくれました。あああ来てよかった。

IMG_2077

終演後買ったもの。ホテルの部屋が寒いのでSplit emotionのTシャツ。ホテルの鏡が見にくいのでRED BATの折り畳みミラー。ホテルの部屋がどんなでも買いなさいよ、自分。

IMG_2078

売り場では赤いTシャツに見えたのですが帰って部屋で広げるとパープルではないですか。びっくりしつつオフィシャルのページを見たらアーガイルパープルと書いてありました。ごめんなさい。着てみたらなかなかかわいいです。

最後の方でさわおさんの「少なくとも100人くらいは見覚えがある」発言に何だかじーん、、、マニアックな選曲ライブだからこそ見ている私もいつも以上にアーティストとオーディエンスの一体感を強く感じました。一体感。素敵な感覚。

私の今年のpillowsライブはこれが最後になります。ツアーはまだ始まったばかり。各地のレポートが楽しみですね。

 

the pillows【moondust tour】@赤坂 & 高崎 & 渋谷

moondust tour ZEPP TOKYOでのライブDVD&Blu-rayが発売です!このツアーには東京2回と高崎の3会場参戦しました。最終日ZEPP TOKYOはちょっと遠いしおそらくDVD出るだろう…という気持ちもあって家でおとなしくしていたのでDVD化が発表されたときかなり嬉しかったです。

発売を記念して…でもないですが記憶を遡りそれぞれのライブを軽くまとめておきます。

2014.12.12 赤坂BLITZ

IMG_0656

会場コインロッカーのトラブル(コインが落ちない、しかもあちこちで発生して係員さんが走り回っていた)があり、かなり焦って入場するも開演には何とか間に合い真鍋さん側入り口近くに場所をキープ。私の前にはぽっかり空間があってとても観やすかったです。11月にスタートしたこのツアーの年内最後ということでまだ早いけれど何となくクリスマス・年末みたいな気分。

ノンフィクションブレイクが聴けたのは嬉しかったなあ。お題はぺヤング焼きそば。それと真鍋さんのまさにクリスマスな電飾ギターが衝撃でした。途中ちょこっとSmoke On The Waterといったお遊びはライブの醍醐味ですね。それから懐かしいBack seat dogの「あーあ」をみんなで合唱。そしてTOY DOLL。DVDで観た2期ライブと同じ動きのさわおさんにドキドキ。ご本人も「これ毎回やるの恥ずかしい」とおっしゃってましたね。

2015.1.24 高崎club FLEEZ

Image-2

翌週の宇都宮と迷ったのですがJRで行きやすい高崎へ。人生初の高崎訪問。新幹線に乗れば大宮からわずか20分、渋谷や赤坂に行くよりずっと楽でした。その高崎は富岡製糸場が世界遺産に登録されて半年、駅はとてもきれいであちこちにその案内が掲示され街の活気を感じました。もうひとつ高崎はだるまが有名ですね。駅の構内には真っ黒だるまが鎮座していたので記念に一枚。

Image-1

ライブの方は、まあまあ前の方5-6列目あたりで観たのですがここは何と言ってもステージが低く、さみしいことにあんまり見えませんでした(さわおさんの「俺たちちびっこ」発言もありました)。後ろに下がって一段上で観ればよかったな。近くにモニターがあったので時々チェックしつつ音に集中しました。

MCで覚えているのは鶏のお弁当の話。といってもそのお弁当がどうしたのかはもはや忘却の彼方です。

ですが、ですが、ですが!アンコールTOY DOLLでががっと相当前の方に押し出されグータッチの幸運に恵まれる奇跡が!それまでぜーんぜん見えてなかったさわおさんの姿に倒れそうになりました。目の前にライブビデオでよく見る最前列そのままの状況が。あああ行ってよかった。もうそれだけで大満足の一日でした。東京ではなかなか難しいですがここくらいのキャパのライブハウスでのライブが好きです。

2015.2.22 渋谷O-EAST

久しぶりの渋谷O-だったのでなんとO-WESTに行ってしまうという失態。その日はWESTでもライブがあるようなのですが人は少ないし客層が何となく違うみたいだし…?急いで向かいへ走り入場しバーの前あたりで待機。このツアー唯一(たぶん)のオープニングアクトダイナマイトナオキさんを皆で楽しみつつ、飲みつつ、みたいな。続いて登場したpillows兄さんたちがいろんな意味でとても大御所に見えました。

この日はPurple Appleが印象的で、さわおさんも「やっぱり楽しいわ」とコメントされていました。ギターの掛け合いとコーラスが好きなんですよねえ。前の赤坂と高崎ではやらなかったPOISON ROCK’N’ROLL。カッコよくて大好きです。

終演後どこから来たのかわからなくなって人の流れについて行ったら関係者席のところへ行ってしまいまた行列に並んで延々と階段を下りる羽目に。帰りに閉店間際の道玄坂ユニクロでストールを購入。別に道玄坂で買わなくてもよかったのだけど何となくそのまま帰るのがもったいなくてどこかに寄りたくなって。ライブの後にみんなでお茶するあの感じですね。

HEAVEN’S PINHOLE : 山中さわお (2013)

泣きそうな顔のまま笑っていた
最善だと信じていた長い道の途中
天国の床に開いた無数の光
太陽が去った後に漏れる光

ソロアルバム「破壊的イノベーション」に収録されている曲。

さわおさんの音楽はいつも私のいろんな部分に引っかかってそれが何度も聞くうちに、時が経つうちに大きく大きく形を変えていきます。私にとって他の人の音楽とは全く別物で、音楽ではあるけれど音楽を超えた何かなのです(全然説明になってない)。

この曲を初めて聞いた時はメッセージが最初っから突き刺さってきた感じがしました。

「長い道の途中」のところの変則メロディがぐぐっと何かを訴えてきます。うまいなーと思う瞬間。PVの幻想的な感じも大好きで、決して辛い日々を送っているわけではないけどさわおワールドにはまって涙が出ます。

 

the pillows【テキーラ!テキーラ!とファニーバニー!】@名古屋 ボトムライン

2015/7/13 名古屋ボトムラインでのイベントライブに参戦してきました。私が長年愛してやまないThe pillowsと髭さんのツーマンライブです。当初は前週の東京に行くつもりだったのにうっかりしていてソールドアウトになってしまいまだチケットが残っていた名古屋へ。

IMG_1355

会場到着は開演時間から少し遅れ、先発の髭さんの「ストレンジカメレオン」の時でした。一段上がった後方の柵前列があいていたのでとりあえずそこへ。moondust tour高崎FLEEZ(ステージが低い)の時とは違ってメンバーが見える!と喜んだのですが、真ん中の柱に阻まれてステージ中央だけ見えない。ボーカルの人だけ見えない。でも柵が使えると体がとても楽なのでこの位置をキープ。

髭さんは、ファンの方ごめんなさい、よく知らなかったのでオフィシャルサイトやYouTubeで予習をしていきました。ほとんどの曲が初見だったのですが、なかなか見ごたえあるステージでした。左側のギターの方、ずーっとニコニコしていて心からライブを楽しんでいる感じ。またライブ観たいなーと思いました。

そして後半のThe pillows。例の柱のためにさわおさんだけ見えない。声だけでも、その場にいられるだけでも十分幸せだったのですが、2曲目あたりで後ろから声をかけられました。振り向くと、私の左側にいた女の子がどうぞ、と場所を変わってくれたのです。彼女はもしかして髭さんファンだったのかな。移動したらさわおさんがばっちり見えました。本当にありがとう。
もうどの曲も大好きなのですがこの日のセットで時にお気に入りはWALKIN’ ON THE SPIRAL、バビロン、I know you、サリバン、No substance 。良かったです。印象に残っているMCはお相撲さんの話ですね。

あっという間の1時間、楽しませていただきました。ありがとう。