Windows10にアップグレードしたら起動が遅い問題を試行錯誤中

☆2016.6.8 追記☆

いろいろと細かな不具合があったためWin10をクリアインストールしました。インストール完了後に記事にあるとおりレジストリの『EnableULPS』の値を『0』に変更したところ、電源投入からログオン画面表示まで数秒で到達するようになりました。

AMD Radeon HD 6700M Series ドライババージョンは15.201.1151.1008です。

クリアインストールについての記事はこちら。
Windows10をUSBメモリからクリアインストールする方法その1:インストールメディアを作成する
Windows10をUSBメモリからクリアインストールする方法その2:クリアインストールを実行する

レジストリの変更方法の記事はこちら。
Windows10をUSBメモリからクリアインストールする方法その3:レジストリの設定を変更する

☆追記ここまで☆


8月頃パソコン <Hewlett-Packard Pavilion dv6> をWin8.1からWin10にアップグレードしたところ、電源投入後謎の暗黒画面状態が1分半ほど続き、その後やっとログイン画面が表示されます。Win8.1のときは電源投入後数秒でログイン画面が表示されていたため、Win10の起動の遅さにイライラしつつも放置していたのですが…

こちらに解決のヒントがありました!

How to fix the Windows 10 slow boot bug(英語)

うちのパソコンの場合、AMDのグラフィックスカードが影響していたようで3つ目の<AMD power saver>に書いてある処置をしたらなんと2秒でさくっと起動するようになりご満悦です。

レジストリエディタで「EnableULPS」のエントリを検索して値を「0」に変更します。パソコンを再起動したら処置は完了です。

- 2016.1.29追記 -

記事投稿時は上記の方法で解決したもののその後のWindowsUpdateでまた症状が元に戻ってしまいました。
どうもHewlett-Packard Pavilion dv6とWindows10は相性がよくないみたいです。AcerやDellは大丈夫なのかな。

- 2016.2.9追記 -

AMDのサイトに2016.2リリースのドライバがあったので入れてみました。症状が改善されないばかりか画面の明るさ調整がキーボードからできなくなったので元のドライバ(15.200.1062.1004)に戻しました。画面の明るさ調整がきかなくなるのはいつかのWindowsUpdate後にもあったような…

 

画像の個人情報を削除する方法 [Windows7]

デジカメで撮影した画像ファイルには撮影日時や写真のサイズの他に様々な情報が付加されています。例えば次のような。

  • カメラのメーカー、モデル
  • 絞りや露出時間
  • 撮影場所、撮影者名

これらの情報を保持したまま画像をネットで公開するとこれらの個人情報が第三者に知られてしまいます。ですから公開する前に不要な情報が付加されたままでないかを確認し、不要なら削除しておきましょう。

Windows7での簡単な削除方法を紹介します。

まず、エクスプローラで写真を確認します。エクスプローラはタスクバーの下記のボタンをクリックするか、キーボードのウインドウズキーと「e」を同時に押すと起動できます。

explore

確認する写真を右クリックして[プロパティ]を左クリックします。

menu

[詳細]タブをクリックします。画像に付加されている様々な情報を見ることができますのでどんな情報が画像にくっついているか確認してみてください。
付加情報をまとめて削除するときは左下の[プロパティや個人情報を削除]をクリックします。

prop

[プロパティの削除]ダイアログが表示されます。
[可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成]をチェックして[OK]をクリックします。
情報が削除された写真が元の画像の名前+「コピー」という名前で保存されます。(元が[A.jpg]という名前なら「A – コピー.jpg」となります)

del

これで個人情報が削除されました。もう一度プロパティを確認してみてください。

なお、付加されている情報はカメラによってさまざまです。スマートフォンのカメラで撮影した画像にも同じようにプライベートな情報が保存されていますので注意してくださいね。

 

XAMPP [v5.6.11] 日本語が使えない?

WordPressでサイトを構築するときに、最初からレンタルサーバ等で構築と運用を同時に始めるのはハードルが高いと感じていました。ローカルでいろいろ遊んで納得してからサーバにアップできたらいいなと思って探して見つけたのがXAMPP。

自分のパソコンをサーバとして使うためのプログラムがセットになったパッケージでMySQL、PHP、Perlが使えるようになっています。XAMPPはWindows用でMac用のMAMPというのもあるそうです。

これをパソコンにセットアップしてからWordPressをインストールすると、サーバ上のWordPressと同じようにWordPressをかまうことができます。

— 追記 —
サーバのWordPressにローカルで使用していたプラグインをインストールしたら、プラグインの中には設定項目がサーバとローカルで異なるものがいくつかありました。やはり全く同一環境とはみなせないようです。
— 追記ここまで–

XAMPPをインストール

書店で本を買ってきて(2015年1月発行)その通りに作業をしたところ、インストールとApache&MySQLの起動までは問題なく進みました。

ところが http://localhost/ に「日本語」が表示されません。そのうえいくら探しても「index.php」へのリンクが見つかりません。いろいろと調べてみると2015年7月にver5.6.11が出て細々と仕様が変更になったそうです。

まずはセキュリティをきちんと整えるために
ブラウザで http://localhost/security/index.php を表示します。
そして左のリストから「English」を選択します(日本語が使えないので)。
2

表の 「These XAMPP pages…」「 The MySQL admin …」「 PhpMyAdmin password …」の行の右端にあるSTATUSが緑色の「SECURE」になっていればOKです。

インストール直後は赤いマークが出ていると思うので画面中央にある
http://localhost/security/xamppsecurity.php
を開いてパスワード等設定します。

3

戻ってくると先程の表の右端部分が「SECURE」の緑に変わっていることでしょう。

次は「phpMyAdmin」を使ってデータベースを作成します。
以前のバージョンでは http://localhost/index.php の中に「phpMyAdmin」へのリンクがありましたがver5.6.11ではXAMPPのコントロールパネルからphpMyAdminを起動します。

XAMPPのコントロールパネルはXAMPPをインストールしたフォルダの中にあります。そのフォルダにあるxampp-control.exeを実行してコントロールパネルを起動しましょう。

コントロールパネルを起動したらMySQLの行の「Admin」ボタンをクリックします。これでphpMyAdminが起動しました。WordPress用にデータベースを作成しましょう。

4

その後WordPressをインストール&セットアップしてひとまず完了です。phpMyAdmin以降の作業はXAMPPが日本語化されていなくても全く問題なく進めることができました。

— 2016.2.1 追記 —
XAMPPの公式ページを見たらDBがMySQLからMariaDBに変わっていました。

XAMPP公式サイト
— 追記ここまで–

表の行の高さを任意に設定する方法:Word2010&2013

☆画面イメージはWord2010です

行の高さを変更するときは「表ツール・レイアウトタブ」で行の高さを調整します。

1

ところが、設定値によってはこの数値を変更しても行の高さが変わらないことがあります。その場合の対応方法です。

行の高さを文字の大きさぎりぎりに設定したい
2

操作方法

①表を選択して右クリック⇒「表のプロパティ」
(または表を選択してレイアウトタブ⇒「表のプロパティ」ダイアログボックスを表示)
「行」タブの「サイズ」で高さを「固定値」にして高さを指定します。
3

すると、設定値によってはこうなります。
4

②表全体を選択して、ホームタブ⇒「段落ダイアログボックス」を表示させます。
「行間」を「固定値」にして「間隔」に任意のポイントを指定します。
5

行の高さと文字の大きさのバランスがよくなりました。
6

行の高さと行間の間隔はフォントサイズとのバランスを見て調整してください。

FATの制限

Windows10がリリースされた今となってはもうこの現象は発生しないかもしれませんが記録として挙げておきます。ふるーいUSBフラッシュメモリを使うともしかしたら遭遇するかもしれません。

現象

Word2010(他ver.は未確認)で十分な空き容量があるUSBメモリに保存しようとすると「ファイルアクセス権のエラーのため保存できません」エラー

理由

FATによる、ディレクトリ内に保存できるファイル数(フォルダ数も含む)の制限

回避策

ファイルおよびフォルダ名の付け方により実際の上限数は異なるため、同エラーが発生したらフォルダを分割するなどしてフォルダの中のファイル数を減らす。

参考

☆ディレクトリエントリ数の上限

○FAT16の場合(2GBまで)

ルート:512
サブディレクトリ:65534

○FAT32の場合(4GB、8GBのメモリで確認)

ルート:65535
サブディレクトリ:65534

☆ディレクトリエントリの数え方

○ファイル名が8.3のとき

全てが大文字:1
小文字のみまたは大文字小文字混在:1+1

○LongFileNameのとき

元のファイル名と8.3エイリアス用に1+1
さらにファイル名13バイトごとに+1

フォルダ名もファイル名と同じ数え方をします。

参考URL:
http://support.microsoft.com/kb/436213/ja