怒髪天【長野闘気オレンピック2017】@長野 CLUB JUNK BOX

2017.12.9 2017年ラストの怒髪天ライブ。

音源を聴いたり、PVやライブ映像を見たり、日頃バンドの音楽に触れる手段は多々あるけれど、この日のライブに参加して思ったのは、やっぱり怒髪天はライブが一番だということ。同じ場所で同じ時間を過ごしてみてわかることがたくさんあって、その瞬間にしか起こらないことを体験しなくては人生もったいないなーと更に強く感じた夜だった。

オープニングは北風に吠えろ。1曲目は様子見なんてことは全くなく、早くもバンドと客の一体感が生まれていたように思う。軽やかで楽しげな曲にかなりヘビーな歌詞がのっている雑草挽歌はこの日のお気に入り。続くセイノワは、50+1本ツアーの時にいろいろと考えたことがあって、考えすぎて目の前のパフォーマンスを楽しむ余裕がなかったのだけど、今回は純粋に曲に入り込んで聴くことができた。

間に挟まれた天誅コアが素晴らしく良かった。アルバムの一曲目だし、50+1本ツアーでもオープニングで演奏されていたから、この曲は一曲目しかありえないと思いこんでいたのだが、全然そんなことはなかった。中盤はお酒の歌をいくつか。酒瀑はどこでやるんだろうかとぼんやりと考えながら、乾杯は続く。赤ら月もほっとした感じでいい雰囲気だった。

終盤に差し掛かりこの時期にぴったりの恋人たちのクリスマス。次回こそは歌詞を覚えて一緒に歌いたい。そして酒瀑。これを聴かなきゃ歌わなきゃ年を越せないと、誰もが思っているに違いない。最後はヨーソロー!

アンコールは… ダブルアンコールが…

ドリンクをもらって外で物販をのぞいてから(怒髪天磯五郎が並んでいたけれど、年初に買った磯五郎はまだ封を開けていないのである)セットリストの写真を撮っていたら、聞き覚えのある重低音が響いてくるではないか。

他のお客さんとともにフロアにダッシュすると、なんと美学!!!

怒髪天のたくさんの曲のなかで1,2を争う大好きな美学。年初(昨年末)の長野初日にも演奏してくれた美学。楽しく幸せな時を過ごせてありがとうと思っていたのに、このサプライズには嬉しくて半泣き状態で聴き入ってしまった。

振り返ってみれば2017年は怒髪天に始まり怒髪天で終わった1年だった。2018年はどんな年になるのだろうか。

怒髪天【GOLD N’ SILVER TOUR 2017】@松本ALECX

2017.6.25 怒髪天ライブです。

なんともいえないツアータイトルにNEWシングルのお披露目に、半年ぶりのライブにワクワクしながら迎えた当日。

年明け(いえ、怒髪天的には年末です)で非常に身に染みた「宿六小唄」がこの日も染みること染みること。年明け(年末だってば)はとてもしんみりした雰囲気だった ~と思っている人は少ないかもしれないが~ のと比べると、今回は暑く明るいなかでの演目なのに、やはり染みたのでした。

「ひともしごろ」は大好きな曲。敢えて語りません。

足取りは軽くないが

カバーの絶体絶命、まさかライブハウスで流れる日が来るなんて。本家の歌を聴いていた子供の頃には想像もできない未来が私にもあるのだなあと思ったりして。怒髪天の曲といってもいいのでは?という印象。

いつもと違ってトークタイムが短かったかな。汗をかきすぎて友康さんが透けていて、増子さん、目のやり場に困ると言ってました。
ステージは相当暑かったようですが、フロアはそれほどでもなく普段の暑さ。ALECXはもしかしたら天井が低くて、それで暑いのかもしれないなーと思います。

濁声交響曲【楽しい】、セイノワ【大事な曲】からだんだんボルテージが上がり続け本編最後は赤ら月。MVは昭和の映画やドラマの感じがすごくて、んんん?となりますが、曲自体は以前の楽曲と混ざっても全然違和感がなく、すーっと聴けます。かんぱーいな気分で袖に引っ込み、アンコールは酒瀑でまたかんぱーい!

増子さんの最後の語りにかぶせて耳に覚えのあるイントロが流れます。「生きてまた会おう!」のあともフェードアウトしないぞ…と思っていたら坂さん登場。

ステージを右に左と歩きながら続く坂さんのパフォーマンス。
終わりまで歌い上げて本日はお開きとなりました。せっかくなので握手しながらフロアを廻ってほしかったです。

ところでGREAT NUMBERはやらなかったのかな?「はっ!」の合いの手入れたような気がしますが、公式セットリストには載っていなくて記憶があやふやです。

ドリンクカウンター横の壁に昨年のツアーポスターがあります。しっかり4人のサインが入ってますから、ALECXに訪れる機会があればしっかり見ていってくださいね。入口付近にはPOLYのサイン入りポスターも。

怒髪天【2017年新春公演 謹賀新年、ネオ元旦。…】@長野JUNK BOX

2017.1.8 新年早々長野で怒髪天2Days開催、2日目レポです。

前日の大みそか(という設定の)ライブはしんみりというかしっとりというか、とにかく手放しでははしゃげない雰囲気のまま最後まで走った印象でした。一夜明けて元旦(という設定の)は開演前からお祭り騒ぎの気配が濃厚。同じ会場で行われる同じバンドのライブ、そしておそらく客側も2日続けて参戦の人が多いと思われるのにこの雰囲気の違いは何?

オープニングは大好きな「酒燃料爆進曲」。みんな「待ってました!」といわん限りのはしゃぎっぷりで、これから2時間大丈夫だろうかと心配になってしまうほど。前日もやったのにね。2日間でベスト盤2枚分の曲をやるって聞いてたけど(初日の増子さん談)、終わってみれば確かにその通りの豪華なラインナップ。お馴染みの曲たちが次から次へと繰り出されお祭りは続きます。

この日一番しみたのは「青き旅烏」でした。いい曲だなっとしみじみと。若ーい人たちが大声で歌っているのを見ながら、10代の彼らとそれなりな年の自分とでは感じることはおそらく違うんだろうなあと思いつつ、ひとりひとりにまっすぐメッセージを渡してくれる怒髪兄さんたちに感謝しながら大切に聴いてました。

MCは2016年の総括が中心で、内容は概ね侍青會会報のインタビューどおりです。といっても実際に兄さんたちから語られる言葉の方が数倍面白く、チャンスがある限りライブには参加するべきと思います。

「紅白出場が決まったらどの曲を歌うか?」は「ファンからアンケートを取るかも」。でもアンケートは取るだけで参考にしない、とか。紅白に出るなら何だろうなと素早くその場で考えてみましたが、怒髪天を知らない人に聴いてもらうなら「ひともしごろ」とか「歩き続けるかぎり」でしょうか。「ひともしごろ」は自分が今聴きたい曲でした。今回の2Daysではセットリストになかったので。

そしてそして、お年玉企画としてこの先のライブスケジュールが発表されました。冬は長野、春はアワーヅ。東京はなんだかんだでライブが多いから、季節ごとのイベントは地方でやりたいとの嬉しい発言に会場大騒ぎの中、2017年のツアー日程のお知らせも。

終わってみれば2日目は最初っから最後まで、ほんとに楽しいライブでした。次に会える数か月後まで、その日が待ち遠しいです。

怒髪天【長野闘気オレンピック 2016年12月38日…】@長野JUNK BOX

2017.1.7 新年早々長野で怒髪天2Days開催、1日目レポです。

長ーいタイトルが物語っているように、この日は大みそか12月38日という設定で始まったライブ。ところどころで混乱がありつつも大みそかの年越しライブらしく、今年(2016年)を振り返るトーク満載でした。まとめるならば年の前半は51本ツアー、後半は増子さんと3人に分かれての活動、そして年末にバンドで集まって「バンドっていいなあ」を実感しながら今日を迎えた、という増子さんの言葉。

会場SEはピーズ。武道館決まりましたもんね。

「舞台ではふと思いついたことを話したり行動に移すことはできず、全て決まっていることを粛々とこなさなければいけないが、バンドの時は好きなことを好きな時に話せるし途中で水も飲める(確かに)、バンドって自由だ!」

「坂さんは首の長い女性に憧れがある」「坂さんは写真を撮るときいつも首を伸ばしている、ついでに頬をへこましている」そうなので、写真をよく見てみてください。そう話している間友康さんは頬をずっとへこませてました。

ひめキュンの話で友康さんの「プレイヤーに徹することができたのは大きかった。怒髪天だとコーラスとかやんなきゃいけないし」に対しては増子さんから「やんなきゃいけないしって自分で作ったんだろ」

「俺たちはお互いに助け合う仲。」「音源が出たりライブをやるときは君らが俺たちを助ける。」「君たちが困ったりつらい目に合っているときは、俺らの曲を聴いてまあまあもうちょっとは頑張れそうかな、と思える程度には助けてあげられる。」増子さんの笑顔には背中を押してくれる不思議な安心感があって、そうそう、まだまだ頑張れるよって思ってしまうのです。

この日一番しみて泣きそうになったのは「宿六小唄」。

今日の事すら出来ない男に どうして明日が見えてこようか
自分の事も出来ない俺に オマエの涙を拭えるハズあるもんか

理由はうまく説明はできないけど。

そしてビックリだったのはアンコールでの「恋人たちのクリスマス」。増子さん自身もびっくりしたとか。「そろそろ年越し、カウントダウンと思ったらさらに日付が巻戻ってる!」

スタートからなんとなく「年越し祭り」というよりも「今年を振り返ろう」「生き方を振り返ろう」的な印象だったのですが、ここでようやく世間と歩調を合わせた(?)祭りっぽい雰囲気に。そして最後は「美学」。この日にふさわしいエンディングだったなーと思います。

物販の方は12月38日Tシャツなど限定っぽいグッズもあったけれど、思わず怒髪印の磯五郎さんをゲット。ところが家に帰ったら年末に買ったばかりの磯五郎さんを発見。しばらくは何にでも七味をふりかけることにします。