ダックスのハリー、歯石除去手術を受けました

ダックスのハリー君、歯石除去手術を受けてきました。歯周病からくる口内炎に悩まされること数か月。抗生物質やかゆみ止めなどを服用してきましたが、歯周病は自然治癒しないため、この際歯石をすべて取り除いてお口をきれいにしようと手術に踏み切りました。「手術」といってもすることは人間の歯石除去と同じなので切ったり縫ったりはしません。病院では麻酔を使う処置のことを「手術」と呼ぶそうです。

人間もそうですが犬の歯周病はかなりおそろしい病気で、歯がぐらぐらして抜けてしまったり、ひどい時には顎や頭蓋骨まで溶けてしまうこともあるとか。人間の場合は歯がぐらぐらしたら歯医者さんに駆け込んで助けてもらいますけど、犬は何にも言わないから飼い主がよく観察してあげないと。

手術当日のこと

当日は食事は抜いてお水のみ。午前中に病院に預けて夕方お迎えに行きます。朝ほとんど水を飲まなかったので脱水にならないかと心配で、お水に牛乳を少し混ぜたもの[ミルク水]を少し飲ませて出発しました。ハリー君は牛乳を飲んでも大丈夫な子で、水を飲ませたいとき(真夏とか)にミルク水をあげるといくらでも飲んでくれます。このときはトイレに行きたくならないように控えめにしました。本人はたくさん欲しがっていたけれど。

病院では改めて手術内容の説明があり「手術に対する同意書」にサインします。事故が起きても責任は問いません云々という同意書です。念のため朝あまり水分を採っていないことを伝えると、点滴しながらの手術なので脱水の心配はないとのこと。そしてしばしのお別れとなるのですが、、ちょうどハリー君がお気に入りのスタッフさんが担当してくれたため、スタッフさんに抱かれてご満悦のハリー君。いつも別れるときは不安で大騒ぎなのに、このときは「ボクお姉さんに抱っこされて幸せ♪」と全然無反応なのが意外で面白かったです。

さてさて。お迎えに行くと、スタッフさんがまだ麻酔が残りボーっとしているハリー君を連れてきてくれました。頭も表情もボーっとしていますが手足の動きもままならず、自分で歩けない様子。手術は無事終わってきれいになったお口を見せてもらいました。幸いにして歯は抜かずにすみ、このあとは1週間抗生剤を飲んで口内炎が治るのを待ちます。

2016092001

領収書の明細。こんなにたくさんの処置を頑張って受けていたのですね。あ、肛門嚢しぼりはついでにお願いしたもので歯石除去とは関係ないです。

歩けないので抱きかかえて車に乗せ、家に着くとそのままぱたーんと寝てしまいました。麻酔やいろいろなお薬の影響で少し気分が悪そうな様子。でも目が覚めるとごはんを要求、まったく食いしん坊です。

翌日以降のこと

翌日には普通に歩けるようになったものの、しばらくは気分がすぐれないようで寝ていることが多かったです。薬の副作用からお腹を下し気味で、完全復活までは3日間ほどかかりました。

そして今では口内炎も治って元気いっぱいです。術前はお口がかゆくておもちゃをくわえられなかったのが、いつまででもカプカプ齧って遊んでいます。楽しそうな姿を見ていると手術を受けたのは正解でした。実は1年ほど前に先生から歯石除去の提案があったものの、当時は私が決断できず先延ばしにしていたのでした。もっと早く受けていればかゆみで苦しむこともなかったのですが、それでも今回お願いして本当に良かったです。

全身麻酔をかけるということ

歯石除去を考えるとき、全身麻酔の是非についていろいろな意見があるようです。うちの場合は先生の判断[ハリー君11歳は麻酔に耐えられる状態であるという診断]を信頼していることと、ハリー君を苦しみから解放してあげたい気持ちから手術を決めました。犬が快適に暮らせるように、これからもできる限りの手助けをしたいと思っています。

ダックスのハリー、歯周病とたたかう その後

ダックスのハリー君が、歯周病の治療のために薬を飲み始めたのは6月のことでした。

ダックスのハリー、歯周病とたたかう それから嫌がる薬の与え方

抗生剤を飲んだけれど

  • 口臭がきつくなった
  • 口がかゆいので前足で掻いたり、クッションなどに鼻先をこすり付ける
  • 睡眠中もときどき飛び起きて口を掻くので落ち着いて眠れない

ハリー君のQOL(Quality of Life)が著しく損なわれているので病院に連れて行くと、まずは炎症を抑えてそれから治療方針を決めましょうと、抗生剤を2週間処方されました。

そして2週間が経ち、薬を飲みきったら口臭は完全になくなりました。口のかゆみの方は残念ながら完治せず、相変わらず口を掻きまくっています。これではハリー君、全然楽になっていないので再び病院へ。

先生に状況を話すと「2週間で完治する予定だったんだけど…」

あらら、残念。昼間にかゆいのはなんとか耐えられるのですが、かゆみでゆっくり眠れないのは困ります。長期間抗生剤を飲み続けるのはあまり良くないようで、今度は辛い時の頓服薬(鎮痛剤的な)を10日分ほどいただきました。

実際には3週間ほどかけて薬を飲みきったのですが、症状は改善されないし、口臭が再発してしまったのです。先生の助けを借りて口の中を覗いてみると、歯肉には大きな炎症があることがわかりました。まるで巨大な口内炎のようで、人間だったら痛みで食べられないし夜も眠れないレベルです。

歯石除去を決意する

全身麻酔をかけて歯石除去をする…という処置には賛否両論があります。ハリー君は11歳なので決して若くはないです。でもこの先まだまだ何年も元気で暮らせるのに、お口がこの状態ではあまりにも不憫。先生と相談して歯石除去をお願いすることにしました。

やっとの思いで決意をしたものの、病院のスケジュールが混みあっていて、手術の予約ができたのは2か月ほど先です。それまでの間は頓服薬で(必要ならまた抗生剤も使いながら)しのぐということになりました。

ハリー君の場合、お薬では歯周病完治は無理でした。毎日歯磨きをしても歯石がつくことは避けられないそうです。歯石がつくとやがて歯周病になってしまうのは人間も同じですが、歯磨きができればお口の異常に早いうちに気づけるはず。犬たちに辛い思いをさせなくてすむよう、お口の様子をこまめに見てあげてほしいと思います。

ダックスのハリー、歯周病とたたかう それから嫌がる薬の与え方

うちのダックス11歳はただいま歯周病の治療を受けております。早かれ遅かれいつかこうなると十分予測できていたことなのですが、実際そうなってみると犬が不憫で切ないのです。

ここ1カ月くらい、犬の口臭がだんだん強くなってくるような気がしていました。歯磨きができない子なので、歯磨きガムとかお口のサプリ(獣医処方のもの)なんかはマメにあげているのですが、それにしても口臭がきつい。

それに加えて前足で口をこすったり、鼻先をクッションなどにこすりつけるしぐさが頻繁にみられるようになります。寝ていてもかゆみのためときどき飛び起きて口をゴシゴシするので熟睡できなくなっているようです。いよいよお口がダメになったのか!と病院へ。

治療のこと

予想通り歯周病ということで、歯茎の炎症を抑える抗生剤を2週間処方されました。幸いすぐに抜歯が必要とか膿を出さなくちゃといった緊急事態ではなかったので、ひとまず薬で症状を押さえて犬を楽にしてあげましょうと。とはいえ根本的な治療ではないため、不快感が治まったら改めて今後の治療方針を相談しましょうというお話でした。

帰宅してさっそく薬を飲ませようとしたら、嫌がって飲んでくれません。たいていの薬やサプリは平気でポリポリ食べてるハリー君ですが、たまにNGなものがあります。匂いが苦手なのかな。

薬を始めてからの経過

  • 3日目:口臭がなくなった。まだ頻繁に口をこする。
  • 5日目:変化なし。食べ物は平気なのだが、大きいおもちゃをかじると歯茎に刺激があって不快らしくすぐにおもちゃを離す。
  • 8日目:口をこする頻度が下がった。おもちゃかじりが不快なのは変わらず。

現在こんなところです。早くかゆみがなくなって楽になるといいのですが。抗生剤を飲むと私はおなかがゆるくなるので、ハリー君もそうなるのかと思ったら全然平気そうです。水を飲む量も変わりません。

嫌いな薬の与えかた

今回のように嫌がるお薬はこんなふうに与えています。基本的に好き嫌いなく何でも口にする、食いしん坊の子はフードに混ぜるのが一番のようです。

お薬は直径1cmほどで半分に割って処方されました。そのまま口に押し込むと吐き出します。

2016061501

用意するものは”やっとこ”やペンチ。内側のぎざぎざがないともっといいのですが。小さな紙で薬を包んでからやっとこで挟みます。直接薬を挟むとやっとこのぎざぎざに薬がはさまって後が大変です。

2016061502

お皿にごはんを半分ほど入れておき、つぶした薬をふりかけます。多少かたまりがあっても気にしてないようです。

2016061504

残りのごはんを入れたら完成。これでちゃんと食べてくれます。

2016061505

フードの写真を撮っていたら、足元でハリー君がピーピー騒いでいました。「ごはんで遊んでないではやくよこせよっ」