松中が松坂から3ホームランを打った日 その後

さっき、野球でも見ようかとテレビをつけたら、マウンドには背番号66の後ろ姿。
もしかして斉藤和己?
これはもしやあの日の試合では。。。?

おぼろげな記憶をたどりつつ、ネットであの日の試合結果を探しつつ、一球一球の行方を眺めていたところ、やっぱり今日放送していたのはあの日の試合だった。

2005年7月15日。
松中が松坂から3ホームランを打った日。

思い出される1試合3発の記憶 フリー打撃で蘇った松坂VS松中の名勝負

番組表ではウエスタンの試合を放送することになっていたのだけど、おそらく試合は雨天中止になったのだろう。急遽過去の、13年も前の名試合を放送してくれるとは!
FOXエンターテイメント万歳!である。

私はこの試合を球場で観戦していたのだけど、過去に書いたとおり、最後のホームランを私は見ていないのだ。それを完全な形で堪能できる日が来るなんて。選手もコーチも、グラウンドにいるすべての人が懐かしい。この2週間ほど前にうちに黒い子犬がやってきたのだが、福岡行きが子犬にとってはじめてのお留守番だったことまで思い出した。

松中が松坂から3ホームランを打った日のほろ苦い思い出

いつも野球中継は流し見ている感じなのに、今日は4回和田がHRを打ったところから感動的なサヨナラの場面まで、もっというと中継の終わりまで姿勢を正して見入ってしまった。若菜さんの解説もしっかり聴きながら。

いや、生きているとときどきびっくりするようないいことがあると思った。
野球の神様のおかげなのだろうか。

しかし、13年前の選手たちはみな痩せていてかわいらしかったなあ。

【読書メモ】もうじき野球が開幕するので野球の本2冊

プロ野球の開幕が近づいてきてなんとなくそわそわする日々を過ごしています。WBCの日本ラウンドはスケジュールと放送時間が合わずほとんど見ていないのですが、それでも知人との会話の中で野球の話題が増えていることに春の到来を感じます。

オフィシャル・ベースボール・ガイド2017 (プロ野球公式記録集)


NHK-BSでやっている「球辞苑」が好きで、番組のなかで実にさまざまなこと細かなデータを調べて発表する人が出てくるんですが、ああいうタイプの仕事は自分に向いていそうだとこっそり思っているのです。そんなデータ好きにぴったりの本がこれ。

基本的には2016年の出来事と、いろんなプロ野球記録とが掲載されているほか、2016年に1軍登録(出場?)があった選手ひとりひとりの入団以来の1軍での記録が載っていて、わたし的にはこれがとても楽しいです。あの選手は前どこにいたんだっけ?なんてのをおさらいしてみたり。

毎日3行分くらい、その日の出来事が書かれているコーナーがあって、そういえばそんなことがあったなあ、と振り返るのもまた楽しいと思います。読書向きの本ではないかもしれないけれど、プロ野球好き・データ好きの方にはぜひおすすめの1冊です。おすすめというか、必帯の本かもしれません。

昭和プロ野球を彩った「球場」物語

こちらは最近読んだ本の中で一番のヒット。いやー、昭和の懐かしい球場ばっかり出てきます。球場が作られたきっかけや、そこで生まれた名場面の解説が詳しく載っていて、また当時の新聞記事の写真もあったりして心が躍ってしまいます。なので今のドーム球場についてはほとんど触れられていないです。

ここに載っていて実際に野球観戦した球場は

  • 甲子園球場
  • 藤井寺球場
  • ナゴヤ球場
  • 宮城球場

甲子園と宮城球場は今も現役だけど、開業が古いから…ということみたいです。

ここに載っていて野球は観ていないけど建物の前まで行ったことがある球場は

  • 広島市民球場
  • 西宮球場
  • 日生球場
  • 大阪球場
  • 川崎球場
  • 横浜スタジアム

数えてみたら結構出かけてました。もはや野球好きなのか、球場好きなのかよくわかりません。チケットないけど球場に行ってみよう、というお出かけを何度したことか。そういえば埼玉に住んでいた頃、大宮開催の西武の試合を見に行ってました。西武ドームとは違った、地方開催試合のような雰囲気の中での観戦はなかなか味があって良かったです。

今シーズンはぜひとも大阪ドームに行きたい!と思っているのですがどうなることやら。ホークス主催試合を狙うか、素直にオリックスを応援するか。あと、東京ドームの鷹の祭典にも行かなくては。などと毎年同じことを考えているのに実現できずにいます。

松中が松坂から3ホームランを打った日のほろ苦い思い出

今朝のサンデーモーニング・張本さんの『あっぱれ』のコーナーは松中がゲスト出演でした。西武・松坂との対戦で1試合3ホームランを放った試合のシーンが流れます。3本めのホームランは9回裏、サヨナラホームラン。かつてのヒーローがとうとうあっち側、つまり語る側にいってしまったという事実に思うところはいろいろとあり…。

2005年7月15日。
思い出される1試合3発の記憶 フリー打撃で蘇った松坂VS松中の名勝負

ピッチャーは松坂と斉藤和巳。エース同士の対決で試合前から盛り上がります。
試合は点を取ったり取られたり、松中が打てばカブレラも豪快なホームランを放ち見どころ満載。勝負は同点で9回裏を迎えます。

私はヤフードーム(当時)でこの試合を観戦していたのでした。

このところドームに足を運んでも白星風船を持ち帰るさびしい日が続いていたのです。この日も「延長戦だろう」と思いつつ球場の売店前を走り回っていました。

どうして試合終盤、大事な時に裏を走り回っていたのかというと。
携帯をなくしてしまったのです。たぶん入れ替え時に観客席から裏へ出たときにどこかで落としたんだろうと。

やはり松中はヒーローだった

立ち寄ったと思われる場所をうろうろしていると観客席の方から歓声が聞こえてきました。通路に設置されているモニターを見ると松中が打席に入ったようです。勝利を期待しつつも頭の中は携帯のことでいっぱい。今日はもう2本も打ったのだからこの打席は何もないな、と勝手に判断してなおも捜索を続ける私。まったくファンとしてあるまじき行為です。

今度はさっきと桁違いの大歓声が聞こえてきます。「これはただごとではない。何か起きてる。」さすがにそう感じた私は急いで自分の席に戻るとグラウンドもお客さんも大盛り上がりのお祭り騒ぎ。仲間に尋ねると松中が3本目のホームランを打ったこと。サヨナラ勝ちをしたこと。そして「どうして今日一番の見どころにいないのさ!」と。確かに確かに。みなさまごめんなさいです。でも私には私の事情があってね。。。と声は小さく態度も小さく。

帰り際に球場のインフォメーションに立ち寄るも私の携帯はありません。念のため連絡先を伝えてバスの長い行列に並びます。周りが幸せそうにしている中で自分だけ取り残された気分。

そして奇跡は起きる

インフォメーションから電話がかかってきたのです。機種名や色を確認するとどうやら私のっぽい。急いで球場に戻りインフォメーションに駆け込むとそこに置いてあったのは間違いなく私の携帯。

いまさらですが届けてくださった方にほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。もうね、野球ファンバンザイ!福岡バンザイ!ホークスバンザイ!です。沈んでいた気持ちがぱあっと晴れて、最終バスが出てしまったために乗ったタクシーの中で「サヨナラ勝ち!」「松坂から打った!」「なくしものが見つかった!」とトリプル大興奮。

そんなこんなで久しぶりの白星風船を打ち上げることができ、終わりよければすべてよしの大ハッピーな1日だったのです。

10年経っても鮮明に覚えているのは、松中の偉業が『自分の気持ちがアンハッピーからハッピーに変わった事件』とセットで記憶されているからなんだろうな。今でも松中・松坂対決の話が出るたびに携帯なくしたことをつつかれます。