Windows10をUSBメモリからクリアインストールする方法その2:クリアインストールを実行する

昨年夏頃Win8.1→Win10にアップグレードしたパソコンの不具合が気にかかっていたので思い切ってWindows10をクリアインストールしました。

不具合についての記事はこちら
Windows10をクリアインストールしたらこれまでの問題が解消して驚いた

クリアインストールの手順

  1. インストール用メディアを作成する
  2. クリアインストールを実行する ← この記事
  3. レジストリの設定を変更する ← 機種によっては不要

所用時間

環境によってさまざまですが今回かかった時間は下記のとおり。

インストールメディア作成:およそ25分
インストール実行:およそ20分

使用するパソコンのこと

HP Pavilion dv6

Windows10のバージョン:ビルド10240 ←最新でない、訳あり

2016060610

インストール時使用メディア:USBメモリ

必要であればインストールの前にバックアップを行ってくださいね。


クリアインストールを実行する

インストール用メディアを準備する

インストール用メディアの作成方法はこちら。
Windows10をUSBメモリからクリアインストールする方法その1:インストールメディアを作成する

 

BIOS設定の確認と変更

パソコンをUSBメモリから起動できるようBIOSの設定を確認&変更します。やり方はこちら。
HP Pavilion Notebook BIOS設定画面でUSBメモリから起動できるように設定する方法

 

それではクリアインストールを開始します

パソコンをシャットダウンしてインストール用のUSBメモリを接続したらパソコンの電源を入れます。しばらくは画面の指示に従って操作します。迷うところはたぶんありません。

そしてパーティションをどうするか、という画面が表示されます。お好みに合わせて設定すればいいのですが、今回は一旦すべてのパーティションを削除して新規で500MBのパーティションを作成しました。500MBという値に特に意味はありません。なんとなく。

そしてWindows10は[ドライブ0の割り当てられていない領域]にインストールすることにします。

2016060708

インストールが始まりました。

2016060709

インストールするオペレーティングシステムは元のオペレーティングシステムと同じものを選択します。画像ではわかりにくいですが下の[Windows 10 Home]を選択しています。

2016060710

だいぶ進みました。

2016060711

再起動の指示が出たらUSBメモリを抜きます。
抜き忘れたまま再起動するともう一度最初からインストールしなおす事態に陥ります。そうなったらとてもがっかりです。
この画面↓が出たらUSBメモリを抜きましょう!

2016060712

再起動するとインストール作業はあと少し。
このまま使ってもいいのですが、初期設定のままではなんでもかんでもマイクロソフトに情報を送信してしまうので、内容を確認したいと思います。

下にある[設定のカスタマイズ]をクリックします。

2016060713

表示される内容に目を通してどうするか決めてください。設定画面は3ページほど続きます。

2016060714

設定が終わるとインストールは終了です。

インストール後のWindowsバージョン

無事OSビルドが10586になりました。

2016060715

インストール後のAMD Radeon HD 6700M Series ドライバ

バージョンは15.201.1151.1008
本日現在最新のものが入っています。

2016060716

インストールはこれでおしまい。

AMDのグラフィックカードが搭載されているパソコンのとき

パソコンを再起動しましょう。ログオン画面が表示されるまでに真っ暗な画面が1分近く、もしくはそれ以上表示される場合はレジストリの設定を変更します。やりかたはこちら。
Windows10をUSBメモリからクリアインストールする方法その3:レジストリの設定を変更する

 

Windows10をUSBメモリからクリアインストールする方法その1:インストールメディアを作成する

昨年夏頃Win8.1→Win10にアップグレードしたパソコンの不具合が気にかかっていたので思い切ってWindows10をクリアインストールしました。

不具合についての記事はこちら
Windows10をクリアインストールしたらこれまでの問題が解消して驚いた

クリアインストールの手順

  1. インストール用メディアを作成する ← この記事
  2. クリアインストールを実行する
  3. レジストリの設定を変更する ← 機種によっては不要

所用時間

環境によってさまざまですが今回かかった時間は下記のとおり。

インストールメディア作成:およそ25分
インストール:およそ20分

使用するパソコンのこと

HP Pavilion dv6

Windows10のバージョン:ビルド10240 ←最新でない、訳あり

2016060610

インストール時使用メディア:USBメモリ

では、さっそくはじめます。必要であればバックアップを先に行ってくださいね。


インストール用メディアを作成する

USBメモリを準備する

インストール用メディアを入れるためのUSBメモリを用意します。空き容量は3GB以上、USB3.0のものがよいです。何かファイルが入っているUSBメモリでもいいですが、ファイルは全て削除されますのでご注意。

メディア作成用ツールをダウンロードする

マイクロソフトのサイトでメディア作成用ツールをダウンロードします。
Windows 10 を入手する

2016060701

下にスクロールして[USB、DVDまたはISOの作成が必要な場合]のところにある[ツールを今すぐダウンロード]をクリックします。

2016060705

ファイルの保存先を聞いてくるの後で探しやすいところに保存します。

メディア作成用ツールを実行する

保存したファイルをダブルクリックして実行します。

2016060703

ライセンス条項に同意したら[他のPC用にインストールメディアを作る]を選択して次へ。

2016060704

この画面はそのままで次へ。

2016060706

使用するメディアは[USBフラッシュドライブ]を選択して次へ。

2016060707

ここでUSBメモリをパソコンに接続します。
このあとインストール用ファイルのダウンロードとUSBメモリへのファイルコピーが実行されます。画面に表示される指示に従って操作します。

インストールメディアが作成できたらいよいよクリアインストールを実行します。やり方はこちら。
Windows10をUSBメモリからクリアインストールする方法その2:クリアインストールを実行する

 

Windows10をクリアインストールしたらこれまでの問題が解消して驚いた

昨年夏頃Windows8.1をWindows10にアップデートしたところちょっとした問題がいくつもあって納得しかねていたのです。あれこれ考えずにえいっとクリアインストールしてしまえと重い腰を上げやってみたら何のことはない、これまでの懸案事項がみんな解消してしまいました。

問題のパソコンについて

HP Pavilion dv6

Windows10のバージョン:ビルド10240 ←最新でない、訳あり

2016060610

 

これまでの問題

電源を入れてからログオン画面が表示されるまで1分間謎の暗黒画面が表示される

Windows8.1時代は数秒でログオン画面が表示されていたので真っ暗な画面を1分眺め続けるのはなかなかに苦痛です。一時期レジストリをいじったら解消したのですがその後のWindowsUpdateで元に戻ってしまいました。嘆かわしい。

そして本日現在クリアインストールによってこの問題は無事解消されています。レジストリの設定方法については以下の記事をご覧ください。

Windows10のメジャーアップデートに失敗し続けている

WindowsUpdateの履歴を見るとなんと昨年11月からあるWindowsUpdateが失敗し続けていました。メジャーアップデートであるビルド10586が適用されていないのです。11月からということは7か月も!

失敗の理由は不明ですがアップデートができないというのは致命的なのではないか、これがクリアインストールを決断するきっかけになった一番の理由です。

 

タスクバーの検索からアプリの検索ができない

タスクバーのウインドウズボタンの横にある虫眼鏡の検索ボタン、Web検索はできるのにPC内のアプリ検索をするとエラーが発生します。アプリ検索ができなくてもそんなに困りはしないけれど、不具合であることには違いありません。

 

画面の表示設定を拡大すると画面がにじむ

100%表示であれば問題はないのですが100%ではアイコンや文字が小さく見にくいので125%にしたい。でも125%にするとぼやけてしまって何となく気持ちが悪い。これは誰もが思っていたようで解消するためのフリーソフトが出回っているのでそれを入れて使っていました。

Windows 10 DPI blurry / fuzzy text font fix – XP Explorer

↑英語のサイト。『win10 dpi fix』で検索するとインストール&使い方の解説サイトがたくさんあります。

問題を抱えているならクリアインストールしてみよう

というわけで、使えないこともないけど気にかかる問題がある場合は思い切ってクリアインストールすると解決するかもしれません。特に昨年11月以前(つまりメジャーアップデートが出る前)にアップグレードしたパソコンであれば、メジャーアップデートによって問題が解消する可能性があるように思います。

クリアインストールのやり方はこちら。

 

HP Pavilion Notebook BIOS設定画面でUSBメモリから起動できるように設定する方法

パソコンの電源を入れたとき、パソコンの設定によってUSBメモリの有無にかかわらず本体のディスクから起動する場合と、USBメモリが接続されているとUSBメモリから起動する場合があります。

USBメモリが接続されているときにUSBメモリから起動できるようにするためにはBIOSの設定を変更します。

BIOS設定画面を表示しよう

HP(ヒューレットパッカード)のPavilion Notebookシリーズの場合です。

電源スイッチを押したらすかさずF10を押します。変な音がするまでキーを押したままで待ちこんな画面が表示されれば成功。

2016060607

この画面が表示されずにWindowsが起動してしまったら電源を切ってもう一度やり直します。

☆パソコンのメーカーや機種によって押すべきキーはさまざまなのでメーカーのサイトなどで確認してください。

BIOSの設定を変更しよう

System Configurationを表示させる

最初は一番左の[Main]が白く反転しているのでキーボードの矢印キーを使って[System Configuration]を白く反転させます。

2016060601

するとこの画面に。

2016060602

続いて矢印キーを使って一番下の[Boot Options]を白く反転させます。

2016060603

そして[Enter]を押します。

2016060605

 

起動の優先度を指定する

[Boot Order]というのはパソコンに接続されているさまざまな機器のうち、どの機器から起動するのかという優先度を指定するところです。↑の画像では、

  1. Internal CD/DVD ROM Drive ← 内蔵CD/DVDドライブ
  2. Notebook Hard Drive ← 内蔵HDDまたはSSDドライブ
  3. USB Diskette on Key/USB Hard Disk ← USBメモリまたはUSB接続のハードディスク
  4. USB CD/DVD ROM Drive ← USB接続のCD/DVDドライブ

となっています。

この場合、内蔵CD/DVDドライブに起動用ディスクが入っていればそちらから起動し、なければ内蔵(本体の)HDDまたはSSDドライブから起動するという順番に設定されています。

USBメモリから起動するように設定する

USBメモリは優先度が3番目、つまりHDDドライブより後の順番に設定されているのでこのままではUSBメモリから起動することはできません。なので、USBメモリの優先度を内蔵HDDよりも高くしてあげます。

矢印キーで[USB Diskette on Key/USB Hard Disk]を白く反転させて

2016060605

F5F6を使って[USB Diskette on Key/USB Hard Disk]が[Notebook Hard Drive]より上になるように並べ替えます。

2016060606

[Internal CD/DVD ROM Drive]は一番上のままですが、CD/DVDドライブに起動ディスクをセットしなければ無視されるのでこのままの順番で良いでしょう。

並べ替えが終わったらF10を押してBIOS設定画面を終了します。このあとはWindowsが起動します。

USBメモリからの起動をやめたいとき

[Boot Order]の画面で[Notebook Hard Drive]が[USB Diskette on Key/USB Hard Disk]よりも上になるように並べ替えます。

 

タワーレコードオンラインで楽天ID決済を使おう

いろんなショッピングサイトで買い物をしているとアカウントがどんどん増えて管理しきれないぞ問題が発生します。とはいえ全てがAmazonでは揃わないし楽天でもしかり。どうしても特定のそのショップでないと無理…ということもあるのでその辺は自分の管理能力と相談の上で利用するしかないのですが。

タワーレコードオンラインにて

NO MUSIC, NO LIFE のタワーレコードです。
こちらはタワーレコードの会員にならなくても楽天ID決済とYahoo!ウォレットを使ってお買い物をすることができます。

タワーレコードオンライン

パソコンでは

普通に商品を選んでカートに入れたら下にある[楽天 お支払い]ボタンをクリックします。[購入手続きへ進む]ボタンを押さないように。

2016060101

すると楽天へのログイン画面が表示されます。楽天IDでログインして購入手続きを進めましょう。

2016060102

iPhoneでは

楽天ID決済をするとポイントが増えるキャンペーンをやっているときがあります。←iPhoneだけキャンペーンをやってるのではないです、念のため。

2016060104

パソコンの時と同じく普通に商品を選んでカートに入れたら下にある[楽天 お支払い]ボタンをクリックします。ボタンが小さくてちょっとわかりにくいです。上の黄色い[購入手続きへ]ボタンを押さないように。

2016060105

すると楽天へのログイン画面が表示されます。楽天IDでログインして購入手続きを進めましょう。

2016060106

楽天ID決済について

支払いやポイント、配送のこと

タワーレコードの会員として購入するときと楽天ID決済のときではポイント付与の仕組みや配送関係に違いがあります。

  • 支払は楽天キャッシュまたはクレジットカードに限ります。
  • 楽天ID決済では原則として1%の楽天スーパーポイントがつきます。キャンペーン時などは変動します。
  • 支払いに楽天ポイントを使うことができます。←使用条件あり
  • タワーレコードのポイントは付与されません。
  • 配送日や配達時間は指定できないようです。

購入履歴の確認

楽天ID決済で購入したものは通常の購入履歴画面には表示されません。楽天ID決済の支払履歴画面で確認します。

ログイン
→my Rakuten
→[会員情報サービス]の[あなたのお買いもの情報]にある[楽天ID決済]をクリック

するとこんな画面が表示されます。

2016060103

参考サイト

タワーレコードオンライン:「楽天ID決済とは何ですか?」

楽天:楽天ID決済「ご利用方法」