【読書メモ】ぼくらの映画のつくりかた

夏休み近辺に読んだ本 その2。

ぼくらの映画のつくりかた

「映画好きの女の子が映画サークルのメンバーとなり、様々な困難を乗り越えて1本の自主製作映画を完成させる」と一言で説明できてしまいそうなストーリーなのですが、読み応えがあって楽しかったです。うっかりエンディングでは涙ぐんでしまったし。もしアニメなり実写なりで(アニメがいい)映画化されたとしたら、わかっているのにまた涙しそうな気配が濃厚。

「哲学」が大きなテーマとなっていて、様々な哲学者とそのキーワードが登場します。どれもこれも学生のときに習ったはずの、何となく聞き覚えがあるものばかり。でもクロウのように人に説明なんてできないし、それぞれの言わんとするところを理解しているか?というと非常に心もとないです。これを機会に、ちょっとその方面に手を出してみようかとも思ったりして。

機本先生の本はこれが初めてで、他の本もお気に入りになりそうです。興味の幅を広げるきっかけをもらったような、そんな一冊でした。

【読書メモ】カタストロフ・マニア

夏休み近辺に読んだ本 その1。

カタストロフ・マニア

冬眠から目覚めた主人公を待っていたのは誰もいなくなった世界…

都市としての機能を失った東京で混乱に乗じて市民を洗脳しようとする悪い軍団、残された時間が短いとわかっても自らの生を生きようと立ち上がる集団。なんとなくAKIRAみたいだな、と思いながら読み終わりました。

一旦似てると思ってからは物語の背景や世界観がAKIRAのそれになってしまって、カタストロフィ・マニアとAKIRAが融合した別の物語を体験しているような、不思議な感覚でした。だから私がこの本から感じたことは、著者の意図したものとは全然別物になっている可能性大です。念のため記しておきますが、主人公は金田みたいに存在感がある人物ではないし、mad scientistも出てこないし、登場人物は極めて一般的な(「善良な」ではない)市民ばかりです。

主人公が冬眠していたのは治験のバイトのため。薬を注射されて眠り、そのまま温度を下げられてやがて冬眠へ。目覚めさせるときは、ゆっくりと温度を上げていくようです。これは実用化されていることなんでしょうか。私は体験したくないです。

最終的にはなんとか明るい日が差してきた雰囲気となって、まあまあハッピーエンド。物語は決してハッピーではないですが、パニック映画のようなストーリーが好きな人にはお勧めの一冊です。私のように、AKIRAが好きすぎてエネルギーが余っている人にもたぶん気に入ってもらえることでしょう。

ミニオンズとタイマーズ

昨日テレビでやっていたミニオンズの映画を観ながら思い出したこと。

最後の方で、スカーレットに見つかって必死の逃走をしているあたりで(違ってたらすいません)「hey hey We’re Timers!」という、懐かしい曲がバックに流れていました。ミニオンズなので「We’re Timers!」ではなくもちろんミニオンズ語で歌っているのですが、それにしても何でタイマーズ?

あとで調べたら、「タイマーズのテーマ」はモンキーズのカバー(替え歌)で、ミニオンズが歌っているのはモンキーズのカバーなんですね。「タイマーズのテーマ」がモンキーズのカバーだったこと、今(というか昨日)初めて知りました。当時は全然そんなこと考えずに聴いていたので。モンキーズで有名なのはデイドリームビリーバーですが、これもその後もいろんな人がカバーしているけれど、私の中ではデイドリームビリーバーはタイマーズの歌。

タイマーズが活動していた頃はヒルビリーバップス(2期の)をよく聴いていました。中でも川上君が好きで、その川上君に似ている人がウッドベースを弾いていたのがタイマーズ。タイマーズの活動とか、行動とか、歌詞とか、当時の世の中とか、さまざまありましたが、私がタイマーズを聴くきっかけとなったのはウッドベースの人でした。

近くの大学の学園祭に来ていたので、(今から考えても)幸運にもライブに参加することができたのです。ライブ自体は、もう20年以上前のことですが、重みがあって、毒があって、公共のメディアには載っていなかったいろんな発言が聴けて…今でもすごいライブだったことは忘れられません。もちろんウッドベースの人ばっかり見ていたこともしっかり覚えています。

ミニオンズ、キャラクターやストーリーが楽しいのはもちろんですが、1作目はThe WhoのMy Generation(素晴らしい!)やビートルズのRevolutionなどお気に入りの曲がたくさんかかってご機嫌なのでした。

Sigue Sigue Sputnikと布袋さん

最近Polyのところで話題になっていたSigue Sigue Sputnik。

今から遡ること30年ほど前、私もBOOWYが解散してしまい嘆き悲しんでいた1人なのですが、ある日布袋さんのラジオを聴いていたら流れてきたのがSigue Sigue Sputnikの「Love Missile F1-11」でした。

過激な暴力
食べ物はおいしい
水を飲んではいけません
明日またお会いしましょう

あまりにも衝撃的。でも曲はとてもカッコいい。有名な曲のフレーズがところどころに散りばめられていてそれもまた楽しいのです。何ですかこの人たちは!と思いながらも当時はインターネットもないからそれ以上調べようもなく、その年の年末に出かけたアメリカで探して探して見つけたのが「Flaunt It 」。

「皆様の夢をかなえます」って何?

ガンダムみたいなよくわからないロボットが描いてあるし、おまけに旅行中はCDが聴けないから「ほんとにこれで合ってるのか?」と半信半疑のまま旅行中を過ごしたことを覚えています。

布袋さんの「C’MON EVERYBODY」は、エディ・コクランのオリジナルバージョンとは全然違う、この「Love Missile F1-11」風のアレンジですよ。あるいはSigue Sigue Sputnik風と言うべき?

現在に戻ってYoutubeで映像を見ると、ジャケットの印象どおりのかなりぶっとんだビジュアルの方たちです。「21st Century Boy」もこのアルバムに入っているので興味があればぜひ。曲はどれもこれも良いです。

他に布袋さんお勧めで覚えているのはROXY MUSICそしてBryan Ferry。私はBran Ferryで出てる曲たちの方が好きです。

—– 2017.8.22 追記 —–

近所のラーメン屋で「Love Missile F1-11」が流れてきてびっくり!
実は今、ひそかに注目曲なのか???

————————-

Excelのファイルが2つ開いてしまうのを直す方法

「新しいウインドウを開く」で同じファイルを複数開き、複数のウインドウを使って作業することがあります。作業を終えて保存して、あとでそのファイルを開くと常に2つのウインドウが表示されてわずらわしいとき、その解消方法を紹介します。

2つのウインドウを開いている状態。

「ファイル名:1」「ファイル名:2」と表示されています。同じファイルを2つのウインドウで開くとファイル名はこんなふうに表示されます。

このまま保存(もしくは上書き保存)してファイルを閉じて、次に同じファイルを開くと、毎回2つのウインドウが表示されることとなります。これはExcelの仕様。

次回ひとつの画面だけ開きたいときは、ウインドウの片方を閉じて(3つ開いていたら2つ閉じる)ひとつにした状態で上書き保存をします。

以上です。